あらゆる現象の最善をつかめる、そよ風のような状態

当サイトおすすめの人気記事一覧

お久しぶりです。

ここ数年ずっと現実が忙しく、中々サイトの更新ができない状態となっておりました。

そのお詫びという訳ではないのですが、現実で引き寄せの基本とも言うべきことを実感することが増えてきましたので、その点を改めて共有しようと思います。

その基本とはなんなのか、それは「一度手に入れたものは両手で持ちきれないほどの量が手に入るようになる」ということです。

聖書にも「富める者は更に富み~」という一文がありますが、まさにその通りだと思います。

ちょっと前までニートをしていて仕事が全くなかった私が、いまとなっては自分が楽しみながら取り組んでいられるような仕事がバンバン入ってきています。

いまの仕事はもう半ば趣味と言ってもいいのですが、そんな軽い状態で仕事をしているのにも関わらず、前以上に結果を評価されることが増え、更に報酬や楽しみの大きな話が入ってきています。

これはもうまさに引き寄せの好循環といっていいでしょう。

「そんな軽い状態で仕事をしているのにも関わらず」と書きましたが、実際にはこのくらい軽い状態で仕事をしているからこその結果だと私は確信しています。

いまの私は、非常に感覚的な言葉になってしまい申し訳ないのですが、流れるそよ風のような自然さであらゆることに取り組んでいます。

この感覚はもしかしたら理解しづらいという方が多いかもしれません。

この流れるそよ風のような状態とはどのようなものかと言いますと、何も考えなくとも常に最善手が見えてくるような状態とでも言いましょうか。

気負いもなくただ淡々と楽しんでいるだけなのに、結果から見ればすべて完璧なルートを通っている、そういった印象です。

以前の記事で、私が仮想通貨を売った2017年の11月に仮想通貨を手放したことを書いていましたが、2018年に突入してすぐ大暴落したことを思うと、まさに最高のタイミングで手放したと言えます。一応、ずっとこのサイトを見てくださっている方なら、あれが後から書き換えたものではないというかとはお分かりになるでしょう。

今にして思えば、あの時からすでにこのそよ風のような状態に移行していたのではないかと思います。現在ほど鋭敏な感覚ではありませんでしたが。

引き寄せの界隈では「手放す」だとか「すべてを任せる」といった言葉がありましたが、おそらくはいま私が体験している現象こそ、これまで様々な人によって語られてきた状態なのだろうと思います。

さて、このそよ風のような状態、果たしてどのようにすれば身に着けることができるのか、興味がある方も多いかと思います。

個人的な感覚としては、「物事に執着せず、ただ今という瞬間を生きる(楽しむ、情熱を燃やす、などでも構いません)」ということになるかと思われます。

ただまぁこれは言うは易しで、そう簡単に執着を捨てたりできれば苦労はしませんよね。

特に、願いを叶えたくて仕方がないのに「執着を捨てろ」なんて言われても、砂漠で遭難している中で水を求めるなと言われるようなものでしょう。

ですから私は、その執着が捨てきれない人には潜在意識の書き換えをして願いを叶えてしまうことをおすすめしています。

このサイトを見てくださっている方なら潜在意識の書き換えが何なのかは大体お判りでしょうが、詳しくない方はついさっき上で張ったリンク先を読んでください。これで大体わかります。

潜在意識の書き換えは強引な方法ですが、それでも願いを叶えるという点では確実性が高いですし、何より願いが叶うと精神的にも余裕ができます。

願いはまず、さっくりと叶えてしまいましょう。そこから最高の人生を送る。そのために、引き寄せがあります。

では、今日はこのあたりで。あなたに幸せが訪れますように。

スポンサーリンク

シェアすると良いことあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)