親を許さなければ願いが叶わず幸せにもなれないのか?

当サイトおすすめの人気記事一覧

みなさん、お久しぶりです。

ここ一年ほどずっと忙しい日々が続いており、とても充実しております。

昔は絶対に働きたくないと思っていたものですが、自分に合った仕事に打ち込めるということが、これほど良いものだとは思いませんでした。

このサイトに来る方々は、何かしらの絶望感を抱いている人が多いのですが、何度も言っているように信じていれば必ず報われる時が来ます。前を向いて歩いていきましょう。

さて、ここからが本題です。

潜在意識の効率的な書き換え方を紹介した記事にて、Potencial Secretというものを紹介しましたね。

結構好評だったようで私としてもありがたい限りなのですが、その反響に比例してある質問が結構な数でやってきました。

曰く、「両親と和解しなければ幸せになったり願いを叶えたりすることはできないのですか?」というものです。

両親との和解は、引き寄せやスピリチュアルでよく語られる普遍のテーマです。

というわけで今回は、両親との和解と願望実現との関連性を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

願いを叶えるためには両親を許さなければならないのか?

以前の記事でも書きましたが、両親との関係と願望実現は強い関連性を持っています。

これは引き寄せ抜きに考えでも、両親からの影響の大きさを否定する人は少ないでしょう。生まれた頃から影響を受ける相手というのは、どうしても自分の人生に大きな影響を与えます。

スピ系もそういった点は早くから気付いていたようで、はるか昔の宗教や教えでも両親を大切にしろということはよく言われています。

これは単なる倫理ではなく、そうした方がより良い人生を送ることができるという深い気付きからくるものだったのでしょう。

このように両親との関係は人生に深い影響を持っています。

が、だとすると両親と良い関係を持てない人間は幸せになる権利も願いを叶える権利もないのでしょうか?

答えはノーです。

その根拠と、両親をどうしても許せないという人向けの方法をこれから書いていきますね。

両親と不仲でも願いを叶えられる根拠

さて、両親と良い関係が持てなくても幸せになったり願いを叶えたりできることの根拠ですが、大雑把に言えば二つあります。

両親と仲が悪いのに幸せに願いをかなえている人

一つは単純で、両親と仲が悪いのにも関わらず願いを叶えている人なんてたくさん居るからです(笑)

しかもこれそんなに珍しい話でもありませんからね。一人だけ家族に迫害され、嫌われたのにも関わらず成功して今は幸せになっている、という話は枚挙に暇がありません。少し意識してみれば、そういった有名人も多いということがわかるでしょう。

加えて、成功して幸せになってから両親を許せる余裕ができた、という人も結構居ますしね。

そもそも、両親と幸福や成功というのは、関連性が深いというだけで絶対ではありません。

確かに重要性は高い。高いですが、仲が悪いなら悪いなりにどうとでもなります。

大切なのは、「両親と仲をよくするつもりはないけど、自分は幸せになっていいでしょ」と決めてしまうことです。あっけらかんと。

両親をどうしても許せないという人は、「自分はそんなの関係なく幸せになるわ」と思ってしまうくらいで良いです。

それで幸せになれますし、願いも叶います。割とあっさり簡単に。

つまり、両親をどうしても許せない人は、「親に関係なく幸せになっている人も、願いを叶えている人もたくさんいる」という事実をしっかりと認識することです。

追いつめられると、案外この辺の簡単なことが見えなくなっちゃいますからね。

両親以上に一緒に時間を過ごしている人間

さて、両親から受ける影響は大きいですが、それ以上に受ける影響が大きい人間がいます。

それは誰かというと、そう、自分ですね。

引き寄せというのは突き詰めると、「自分が自分をどう扱うか」ということがとても大切になってきます。

両親との関係が大切なのも、この「自分が自分をどう扱うか」という点と密接にかかわってくるからなんですね。

これは逆に言えば、「自分が自分を大切に扱えば両親との関係は気にしなくても問題ない」ということになります。

私がよく「自愛が大切」と言っているのはこういった理由があるからですね。両親との関係がどうであれ、自分で自分を愛することができればそんなことはどうでも良いのです。

そういった理由もあり、両親と無理に和解をする必要はありません。

どうしても嫌なのに両親との和解をしようとするのは、もはや自愛ではなく自罰です。

一番大切なのは、あなたがあなたを愛することです。両親との関係は確かに影響が大きいですが、無理にしようとするのは逆効果です。

幸せになるルートを限定しないほうがいい

さて、ここらでフォローしておくと、両親との和解というのは実際に効果が高いやり方です。これだけで願いが叶うようになった、という人もいるわけですし。

「絶対に許せない」と思っている人も、少しずつ許すためのメソッドを行ってみるのがおすすめです。

案外、そういった人でもすんなり許せるようになった人もいますし。きっかけが大切です。

無理にしなくていいというのは、ある程度やってみてどうしてもダメだったらそれ以上やらなくても良いという意味です。要するに、バランスが大切なんですね。

自愛にしても、私としてはかなり効果が高い方法だと確信していますが、やはり自分を愛せないという方はいらっしゃるわけで。

そういった方であっても、潜在意識の書き換えや今に在るといった道がありますので、引き寄せは懐が深いんですよね。

願いが叶うルートを限定するのはあまり良くありません。

「叶えよう」と思ってしまえば、案外叶う世の中です。少しずつで良いので、進んだり時には下がったりして生きていきましょう。そのくらいの気楽さが、人生には大切です。

では、今日はこのあたりで。あなたに幸せが訪れますように。

スポンサーリンク

シェアすると良いことあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)