引き寄せノートで失敗する3つの原因と、成功する作り方と書き方って?

ランダム記事

こんにちは。

以前このサイトで引き寄せノートに関する記事を書きました。

最近は引き寄せノートの人気が高いようで、記事へのアクセスが多くご好評を頂いているようです。ありがたいですね。

さて、しかし人気があろうとも、叶うかどうかとはまた別問題。

引き寄せノートを使ってても願いが叶わない。

そういった人は何が理由で叶わないのか?

前回は引き寄せノートの書き方と叶う理由について書いていきましたので、今回は叶わない人は何が原因になっているのかについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

引き寄せノートで効果が出ない時の原因とは?

あらかじめ言っておきますと、引き寄せノートは効果が高いやり方です。

いま人気になっているのも、これで願いを叶えた人が多いからですね。

叶わない人は何が悪いのかと言うと、やり方が自分に合っていないだけなんですよ。

引き寄せの法則や潜在意識で願いを叶えようとする場合、色々なやり方で提唱されますね。

中にはまるで正反対に見えるやり方がもありますが、これはどっちかが間違っているということではなく、人によって合っている方法が違うというだけの話です。

だから、ちゃんと自分に合っている方法を見つけられたら、願いと言うのは驚くほどあっさりと叶ってしまいます。「嘘みたい」と言いたくなるようなことだって起きますしね。

という訳で、今回は引き寄せノートでやってしまいがちなミスについて書いていきます。

原因その1:実は叶うとは思っていない

これが大きな原因です。

引き寄せの法則というのは、自分が潜在意識で感じていることを引き寄せるという法則ですので、そこで叶っていないと思っていたらどうしても叶わない現実が表れてしまいます。

だからこそ「叶う」と思いながらやっていくのが大切ですし、言い換えればそれさえできれば叶ってしまいます。

ただ、ここで注意して欲しいのは、無理矢理「叶う」と思っても逆効果だと言うことです。

自分を洗脳するかのようなやり方で叶うと思い込んでも意味がないということですね。

対策:潜在意識の書きかえ

こう書くと「どうすれば良いんだ」と思われるかもしれませんが、そういった方は録音アファや断言法をオススメします。

もう少し踏み込んで言うなら、潜在意識を書きかえる方法です。

断言法に関しては、以前書いた記事でご紹介しましたのでそちらを参考にしてください。

「叶うと思わねばならない」と言われると難しく感じられるかもしれません。

しかし、実のところ引き寄せというのは半信半疑だろうと信じる気持ちの方が強ければ叶います。

よく「100%信じなければ叶わない」と言われていますが、あれは嘘です。

叶うことを信じ切っていなくても叶った人なんてたくさん居ますし、そもそも人間は100%確信するというのは難しい生物です。

本当に100%信じないと叶わないのだったら、願いなんてほぼ全て叶いません。

51%くらい信じていれば叶いますよ。だから、もっと気楽にいけばいいんです。

原因2:願い事に対して中途半端な態度を取っている

自分の願っていることに対して、中途半端な態度を取っているということも挙げられます。

上で書いたことと矛盾するようですが、実はノートに書いてそのまま放っておいても願いは叶います。

というか、本来ならこのくらい簡単に叶ってしまうものです。

そもそも人間は生まれてから今に至るまでの全てを記憶していると言われています。なので、本来なら一度ノートに願いを書くだけで充分なんですよ。

よく「願い事だけしてあとは忘れろ」というのは、それが理由ですね。

で、叶わない人はなぜ叶わないかというと、「まだ叶わないのか」と何度も気にしてしまうことによって、まだ願い事が叶っていないという現実を引き寄せ続けているからです。

つまり、「叶っていない」ことをわざわざ確認することでそういった現実を不安を引き寄せ続けてしまうということですね。

対策:放っておく

じゃあこれはどう対策すればいいか。

既に上で言ってしまっていますが、願い事だけ書いて後は放っておくだけでOKです。あとは自分が楽しいと思うことでもやっておいてください。

一つ上に書いてある「潜在意識の書きかえ」と矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、これは人によって合った方法が違うというだけですね。

例えば、放っておこうと思ってもつい願い事ばかり考えてしまう人は、上にある潜在意識の書きかえの方が良いでしょう。

逆に、潜在意識の書きかえがめんどくさい、それより毎日楽しいことがあるからそれをやっていたいだとか、仕事が大変でいちいち考えている暇がないという人は、放っておくという方法の方が良いです。

そういった形で、自分に合ったやり方を模索していきましょう。

 原因3:文章が自分に合ってない

これも原因として大きいですね。

引き寄せの法則は、感覚とフィーリングが大切です。

自分に合っていない文章をノートに書いても潜在意識に響きません。空回りしちゃうんですね。

私は以前から「文章はしっくりくるものを自分で考えるのが一番良い」と言っていました。

ただ、それだと「本当にこれで叶うのか?」と不安になってしまう人が多いようなんですね。

加えて言えば、自分のことをわかっていないからしっくりくるものを決められない。こういう人も多い。

こういった人はどうすれば良いのでしょう?

対策:誰かに相談するか、自分の願いや悩みを話す

この場合、他人と一緒に相談して文章を決めていくのが良いと思います。

この対策法、なぜか言っている人は少ないです。が、効果は絶大ですので、覚えるだけ覚えておいてください。

人間、自分のことは自分が一番わかっていないものです。

近くに自分の悩みや願いを聞いてくれる人が居るなら、その人に相談しながら文章を決めていけば良いでしょう。

他人に話すというのは自分の願いごとが整理できるので、自分の願っていることがくっきりと見えるようになって一気に叶いやすくなります。

このやり方をやっている人は案外少ないと思いますが、効果は非常に高いですのでオススメします。

効果は高いけどやってる人は少ないってこと、スピリチュアル系以外のところでも多いですね。

自分に合ったやり方を探していこう

スピリチュアル系の願望実現は、フィーリングがとても大切です。

特に引き寄せノートのような効果の高い方法に関しては、方法さえ自分に合っていれば簡単に願いは叶います。そこは保証できますね。

「引き寄せは難しい」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

中々願いは叶わないという人も。

しかし、あなたは願い事を叶えようとした結果、引き寄せに関する情報を引き寄せています。

引き寄せの世界にいると気づかないかもしれませんが、引き寄せの法則にまでたどり着く人というのは、実はごく一部なんですよね。

多くの人は存在すら知りませんし、知ったとしてもうさんくさいものとして遠ざけてしまいます。

こういった情報も取り入れていけば願いの叶う速度は一気に上がるのですが、できる人はそう居なかったりします。

自分は不幸だと思っている人が多いのは、もしかしたらこれも関係しているのではないかなと思って、少し心苦しく思うことも多いですね。

なので、少しでも引き寄せやスピリチュアル系で願いを叶える人が増えて、そういったものへの偏見がなくなると良いなと思っています。

なので、もしあなたの願いが叶ったら、他の誰かに手を差し伸べられる人になって頂けたらな、と思います。

そうすることで世の中は良くなっていくと思いますし、色々な人を手助けすると自分にも返ってきますので、悪いことにはなりません。まぁ、気が向いたらお願いします。

では、今日はこの辺りで。あなたに幸せが訪れますように。

スポンサーリンク

シェアすると良いことあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)