最高クラスの引き寄せの法則解説本、エイブラハムとの対話レビュー

ランダム記事

今回は引き寄せの法則本の中でも最高クラスの名著であるエイブラハムとの対話を紹介する。

この本はとても有名で、引き寄せの法則に興味のある人なら知っている人が多いことと思う。だからこそ紹介する必要もないかもしれないと思っていたが、このブログで引き寄せへの興味を持つ方もいらっしゃるかもしれないので、これから紹介していくことにする。

スポンサーリンク

 エイブラハムとの対話とは?

さて、まずエイブラハムとの対話とはどのような本なのだろう。

これに対する私なりの答えはというと、上に書いたように引き寄せの法則に関して最高クラスの内容量を誇る名著だ。どのようなものかを知りたい初心者にはもちろん、それなりに現実化のコツを掴んでいる上級者にも勧められる。誰が読んでも得るものが大きい。

序文に神との対話シリーズの著者であるニール・ドナルド・ウォルシュが「これこそ待望の書だ。ついにこの本が世に出る。皆さんはもう、ほかに何も求めなくていい。ほかの書物はすべて閉じてよろしい。ワークショップやセミナーに参加しなくていいし、人生のコーチには『相談する必要はもうなくなった』と電話で告げればいい。なぜなら、この本があるから」と紹介している。これはそこまで大げさな言葉ではない。本当にそのくらいのことが書かれている。

エイブラハムとの対話の特徴

この本は引き寄せの法則に関する詳細で広範な解説をしてくれているが、おそらくほとんどの人は大方解っていることだろう。

この本の真価はそこではない。最大の特徴は、意図的な創造の方法論、許容し可能にする術、節目ごとの意図確認という3つの概念とその解説だ。

意図的な創造の方法論

意図的な創造の方法論とは、その名の通り自分の望む現実を作るにはどうすれば良いのかということを解説しているパートだ。

この世界では、思考を向けることと思考の実現を期待することによって現実が創造されていく。つまり、引き寄せの法則だ。

とてもシンプルなことなのだが、多くの人は自分の望む現実というものを引き寄せられない。それがどうしてかという理由と、望む現実を力強く創造するにはどうすれば良いのか、ということを詳細に書いているのがこのパートだ。

引き寄せの法則において、多くの人が疑問に思うことの答えがここに書き記されている。このパートを読めば、理論的な理解はかなり深まるし、やる気も出てくるはずだ。

許容し可能にする術

許容し可能にする術。これができるようになれば、自分の望む現実がより創りやすくなる。つまり、先ほどの意図的な創造をよりやりやすくするためのものだ。

「許容し可能にする術」と書くとどこかややこしいが、日本人には「ゆるし」と書くと解りやすいのではないかと思う。

この概念に関しては詳細に書くと複雑になるが、要約すると「自分が自分であることをゆるし、相手が相手であることをゆるす」というものだ。

例えば、あなたにとって不快な行動をしている人が居たとする。あなたはそれを見て反射的に怒りを覚えるだろうか? もし覚えた場合は、まだ許容し可能にする術は備わっていない。相手の行動を「判断」するからこそ、そういった怒りを覚える。こうした正邪の判断を捨て去ることが、許容し可能にすることへと繋がっていくのだ。

そして、許容し可能にする術というのは、以前紹介したDVDブッダの瞑想法を実践していくことによって簡単に身につけられる。この3つは相互に助け合うような関係になっているのだ。

節目ごとの意図確認

そして最後に、節目ごとの意図確認。これは、折に触れて自分が何を望んでいるのかを確認することだ。

人間というのは、思考が雑多になりやすい。そして雑多になった思考では、エイブラハムが「惰性による創造」と呼ぶものを引き寄せやすい。何を望んでいるか、何を引き寄せたいかを要所要所で確認していく。それが節目ごとの意図確認だ。これによって、意図的な創造が更にはかどる。

さて、中には気づいている人がいるかもしれないが、これはヴィパッサナー瞑想と似ているところがある。

ヴィパッサナー瞑想は、自分が何を考えているか、あるいは何をしているかを常に確認していくものだ。集中する対象を一つだけ定めて、それ以外の考えが湧いてきてもすぐその中心の集中対象へと戻っていく。これは、そのまま節目ごとの意図確認として応用できるものだ。

瞑想を勧めているのは、望まない思考を切り落とすと同時に、望むことにだけ目を向けてもらうためなのだ。

 エイブラハムの引き寄せシリーズ

エイブラハムとの対話と同じシリーズの一部として、下記の本がある。

サラとソロモン: 少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣
実践 引き寄せの法則 感情に従って“幸せの川”を下ろう
お金と引き寄せの法則 富と健康、仕事を引き寄せ成功する究極の方法
理想のパートナーと引き寄せの法則 幸せな人間関係とセクシュアリティをもたらす「ヴォルテックス」
引き寄せの法則の本質 自由と幸福を求めるエイブラハムの源流
「引き寄せの法則」のアメージング・パワー―エイブラハムのメッセージ

が、ひとまずはエイブラハムとの対話から読むことを勧める。エイブラハムとの対話だけでも良いが、もし物足りなかったら上記の本に手を出すのも良いだろう。各本毎に具体性が増しているからだ。

では、今日はこの辺りで。あなたに幸せが訪れますように。

スポンサーリンク

シェアすると良いことあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)