運と偶然の違いってなに?

ランダム記事

最近、運と偶然は違うものなのではないかと思ってきている。

どういうことかというと、運の方が偶然よりも必然性が高いものなのではないかということだ。

そして、運の良い人というのはかなりの共通点がある。

そこで今回は、運と偶然の違い、そして運の良い人の共通点について書いていこうと思う。

スポンサーリンク

運の良い人は人から好かれる人

そもそも運と偶然が違うものなのではないかと思ったきっかけは、運が良いと言われている人たちを見て、共通点が多いように思えたからだ。

結論から言ってしまうと、運が良い人というのは周りの人間に恵まれている人である。

言い換えれば、周囲から手助けをされやすい人だ。こういった人は、日に影にサポートをしてもらえるので、とんとん拍子でうまくいったということになりやすい。

それに対し、周囲の人間から「絶対に成功させてはいけない」と思われているような人間はその逆だ。周囲から足を引っ張られて、谷底へと落ちていくように転落していく。その上這い上がれない。

つまり、運の良い人というのは人に好かれる人だと言えるのだ。

人から好かれて引き寄せも加速させる方法

書くまでもないかもしれないが、人に好かれて引き寄せも加速させる方法はある。

というより、人から好かれるが引き寄せは加速させないという方法を取る方が難しいだろう。人から好かれるような人は、望んだものを引き寄せる力が強い。

人から好かれて、なおかつ引き寄せを加速させるような方法はたくさんあるが、中でも効果的なのは心から他人のためを思って行動することだろう。

心から、とつけたのはつまり他人に好かれるために行動をする訳ではないということを強調したかったからだ。

自愛関連の記事でも書いたが、下心のある状態というのは高い確率で見抜かれる。そうした人間は滅多に居ない。だからこそ、心の底から他人のために生きるような人には、周囲も協力を惜しまない。そういった愛し方をすれば、必ずそれ以上に愛されるのだ。

あなたは運が良い方だろうか。もしそうでないと思えるのならば、周囲の人々に対して何かしてみるのも良いかもしれない。

上では下心は良くないと書いた。が、最初の内は別にそうした動機からでも良い。下心があると思っていても、何度も続けていけば喜ばれる可能性は高いし、自分も純粋に喜ぶ顔が見たくて何かするようになっていくものだ。

では、今日はこの辺りで。あなたに幸せが訪れますように。

スポンサーリンク

シェアすると良いことあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)