気をつけないと逆効果?引き寄せの法則で顔を変えようとする時の罠

ランダム記事

外国人のような顔になる方法1000回アファで顔を変えた体験談など、顔を変える方法に関する記事をいくつか書いてきた。これ以外にもある。

だが、ふと気づいたが改めて書いておいた方が良いかもしれないと思い、今回の記事を書くことにした。

顔を変えようとする時に陥ってしまうかもしれない罠である。という訳で、ご覧いただきたい。

スポンサーリンク

自分の顔を嫌っていると……?

注意点はと言うと、自分の顔に対して嫌悪感などのネガティブな感情を持たないようにすることだ。

引き寄せの法則をある程度知っている人にとっては基本だろう。どの願いを叶える時にも共通することだ。

だがなぜわざわざ顔を変えたいという願いに限定しているかと言うと、この「顔を変えたい」というのが難物だからだ。

引き寄せの法則で引き寄せられるのは、根底にあるもの

これまでも何度も言ってきたように、引き寄せの法則というのは根底にある感情や観念をそのまま叶える。

だからこそ、自分の顔が嫌だと思いながら顔を変えようとしない方が良いのだ。

しかしながら、もしアファメーションなどで「顔を変える」ということを願いである場合、自分の顔が嫌だという前提がある場合が多い。

それも、顔の場合はそのネガティブな感情がとても重い場合もある。顔を変えるのはそこまで難しくはないので、悪い方向に変わってしまう場合だってある。

自分の顔に満足している人が「顔を変えたい」などと思うだろうか? そう、思いはしない。

自分の顔の良いところを探そう

自分が満足する顔になりたければ、まず今の自分の顔を少しでも好きになるのが近道だ。

引き寄せの法則を知らなかった頃に顔を変えたことがあるが、その時も不足感はそれほど大きくなかった。

なので、少しでも自分の顔の魅力を見つけていくのが良い。

鏡などを見て、思いっきり褒めるのも良いし、このパーツはまぁ悪くないと思える部分があるならそこに注目する。

更に、アファメーションなどをする場合も「私の顔はどんどん魅力的になっていく」などの方が良いだろう。

いっそ顔のことを考えるのをやめてみよう

そうは言っても中々と言う人も居るだろう。

そういう人は、いっそ顔のことを考えるのをやめることだ。

自分がしたいこと、楽しいと思っていることをやったり考えたりする。

そして不思議なことに、日々に満足していると顔について褒められたりすることが増える。

美醜というのは、一般人レベルだと案外持っている雰囲気次第でコロコロ評価が変わったりする。

好意を寄せている人間の顔は良く見えるし、そうでない人間は悪く見える。

自分がそこまで良いと思わなかった人の顔が、周囲ではかなり評価されていたりする。案外そんなものだ。

顔のことを考えるのがやめられないという人は、ヴィパッサナー瞑想がオススメだ。

これをやっていると、自分の思考に気づきやすくなり、望む方向へ思考を向けることがとても容易になる。人生自体に大きな恩恵をもたらしてくれるので、ぜひ試してほしい。

では、今日はこの辺りで。あなたに幸せが訪れますように。

スポンサーリンク

シェアすると良いことあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 瞑想men より:

    引き寄せに興味があり、普段瞑想をしているものです。

    瞑想をしてかなり潜在意識のごみは減らせてきたのですが、目標が浮かばずどこに向かえばいいのかが少しずつ分からなくなってきました。

    そのため新しくアファーメーションを始めたのですが、文言を唱えるたびに本当にそうかと感じてしまい心が苦しくなる時があります。

    今までの心のパターンがあるので抵抗感を認めてあげて、そのままアファーメーションを続けるか、それとも別の文言を考えるか、それとも別の方法があるのか。ご教授をお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)