現代はスピリチュアルルネサンス期を迎えつつある?

ランダム記事

ルネサンスをご存知だろうか。少なくとも名前くらいは聞いたことがあるだろう。

ルネサンスとは、14世紀にイタリアで始まり西欧各国に広まっていった古代美術、芸術などの復興運動のことだ。

文化的、精神的にも歴史的に多くの影響を与え、一つの大きな時代区分としても扱われる。

タイトルに書いたように、現代はスピリチュアルルネサンスを迎えつつあるかもしれない。

スポンサーリンク

 意識の変容を迎えている人が爆発的に増えてきている

スピリチュアルルネサンスというのは造語であるが、意味としては古代の精神的生活の復活といった程度の意味で捉えてもらえば良い。

こう思い至ったきっかけは、意識の変容を経験している人が体感的にかなり増えてきていることだ。

キリストやブッダを始めとした、古代の聖賢や哲学者の語った精神的領域に踏み込んでいる人が、明らかに増えてきている。現代は技術的な意味でも激動期と言っていいと思うが、それに合わせて精神世界も激動期に突入しているように思える。いわゆる、目覚めた人たちが増えてきているのだ。

深い絶望感に落ち込む人々

だが、その反面深い絶望感に落ち込む人も増えている。

これの原因はなんだろうか。一言で言うならば、人間同士で作り出した共同幻想の極大化だ。

人々は、本来生物的には必要のない概念や観念に惑わされて生きている。

地位、名誉、勲章、権威、比較、常識、他人の所有……など、人間を苦しめているのは常に人間の作り出した概念だ。

現代は、かつてないほど物質的な豊かさを持ちながらも、その反面深い不幸と絶望を感じている人が多い。それは、目の前のものごとに全力で取り組まなくても生きていけるからだ。そうした時は、上記のような概念についての考え事ばかりしてしまい、自分で自分を不幸な状態に貶めている。

だが、実は絶望こそ福音でもある。

私はこれまでの記事で何度か書いてきたように、絶望が深い人ほど大いなる祝福の一歩手前の状態に居るのだ。

目覚める人の増加に比例して、絶望に沈んでしまう人が増えているのはおかしなことではない。

実は、絶望ほど目覚めを助けるものはないのだ。

古い聖賢は「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」という言葉や「幸福なるかな、心の貧しきもの。天国はそのひとのものなり」という言葉を残した。

これは、深い絶望に立たされている者ほど、大きな救いの直前に居ることを示した言葉なのではないだろうか。

 科学的に証明されつつあるスピリチュアリティ

また、意識の変容の原因の一つとして、科学的アプローチもある。

情報網の発展により西洋宗教と東洋宗教が出会ったことであったり、量子論などの科学的発見によりオカルト的世界観が受け入れられやすくなったことであったり、瞑想の効果の実証、幸福と成功の科学的相関性、などなど……挙げればキリがない。

20世紀は科学の世紀であるとも言える。信仰は科学に取って代わられ、特に日本において宗教はや精神的生活というものの価値は地に落ちたと言っていい。

だが、近頃は他でもないその科学こそが、スピリチュアリティを認めつつある。量子論やトランスパーソナル心理学などは、従来の価値観から言えばオカルト的世界観と言っても過言ではなく、また前世をカウンセリングしてトラウマを対処するという療法がしっかりと結果を出している。

精神世界の重要性は、他でもない科学によって実証されつつあるのだ。

 目覚めるとは、意識の在り方が変わること

意識の変容とはどういうことだろう。

これは、特定の何かを信じたり考えたりすることではなく、意識の在り方である。

この目覚めは、一度気づいてもまた引き戻されたりもするが、徐々に目覚めている時間の方が多くなってくる。

この意識の変容、目覚めというものの価値は、この先の時代で一気に尊ばれるものとなるだろう。

目覚めている人間は全時代で普遍的な賢者だ。そして、その賢者の偉大さを皆が知り、誰もがそうなることを望み、そして実際にそうなっていく時代はもう近いのかもしれない。

そして、なろうと決意すれば誰であれそうした存在になることが可能なのだ。人類は、それに気づきつつある。私たちが生きている間に、世界と人の在り方が根本的に変わり、価値観がひっくり変える時がやってくるかもしれない。

それは、人が互いに助け合い、不満がなく、ただ毎日を心から笑って生きられる時代だ。人類はきっと、そのような状態に辿り着くと確信している。

では、今日はこの辺りで。あなたに幸せが訪れますように。

スポンサーリンク

シェアすると良いことあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)