引き寄せの法則で外国人のような顔になるには?

ランダム記事

どうやら、顔を変えるというのは色々な人が望むテーマのようだ。

無論、それが目的で引き寄せを実践しているという人も多いのだろう。

以前の記事において、顔を変えることは比較的容易だと書いた。今もその思いは変わっていない。

では、外国人のような顔になりたいという願いはどうだろうか?

こういった人も案外多いらしく、時々尋ねられることがある。

この問いに関しても、私は充分可能だと思っている。というか、ある環境の居る人は顔が外国人のようになっていく傾向があるように感じている。

では、その環境と顔の変え方について書いていく。

スポンサーリンク

 外国人のような顔になるためにオススメの方法

外国人のような顔になりたい場合に一番オススメの方法は、外国人が多い環境に身を投じることだ。これは、かなり有効な手段だと思っている。

そもそも、顔が外国人のようになっていくというのは、そうそう珍しい現象ではないようだ。

私が読んできた小説や本にもいくつかそういった例が載っていた。これらは全て、引き寄せ関連の本ではない。1冊は司馬遼太郎の小説だった覚えはある。

上記の本に出てくる外国人のような顔になったキャラクターは、全員外国人と接することが多い人物だった。案外、いつの間にか外国人のような容貌になっていた知人を持っている人は多いのかもしれない。

かく言う私もその一人で、大学時代の友人と久々に会ったら、顔がかなり外国人らしくなっていて驚いた記憶がある。

目は以前よりぱっちりとした二重になっており、心なしか彫りが深くなっているように見えた。少なくとも、全体の印象として外国人らしさが大きく増していたことは確かだ。もちろん、整形などはしていない。それどころか、特に容姿に対する特別な努力もしていない。ごく普通の一般人と同じようなことをしていただけだ。

こんな風に、私は長く一緒に居る相手とは雰囲気や顔が似てくるのだと思っている。

代表的な例が夫婦だ。仲の良い夫婦が、段々顔や雰囲気が似通ってくるというのはよく聞く話で、つまりはこれと同じ現象なのではないかと思う。

だがもちろん、外国人と一緒の環境で働いたり夫婦として暮らしていても、全く顔の変わらない人というのは居る。

これらの違いは何かというと、相手を受け入れているかどうかだろう。あるいは、憧れている、などでも良い。なんであれ、肯定的な感情を抱いているかどうかだ。

何のことはない。これに関しても、自分の望むものになるという引き寄せの法則から全く外れていない。外国人のような顔になりたいという人ならば、肯定的感情も強いと思われるのでそれほど苦も無く変われるだろう。

外国人と会えない環境の人はどうやって顔を変えるのか?

と、ここまで書いたが、多くの人に疑問が出てくるだろう。

すなわち、外国人と会うことのない環境だとどうすれば良いのかと。

一つの手段としては転職があるが、これは現実的ではないだろう。

解決手段として挙げられるのは、理想の顔を眺め続けることだ。ことあるごとに思い浮かべたりするのも良い。

特にオススメするのは、写真よりも動画だ。ついでに、携帯の待ち受け画面に写真を張り付けておけば盤石だろう。あとは、自分の顔に肯定的感情を持ちながら楽しく生きればなお良い。

では、今日はこの辺りで。あなたに幸せが訪れますように。

スポンサーリンク

シェアすると良いことあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)