引き寄せの法則で両想いになったりやモテたりするには?

ランダム記事

恋愛絡みの記事というのは、案外需要が多いらしい。なので、今回からちょくちょく増やしていく予定だ。

さて、今回の恋愛引き寄せの記事としては、タイトル通りモテる方法についてだ。

モテる方法とは書いているが、一応、私の体験談から両想いになる方法も書いている。こっちはどこまで参考になるかわからないが、読むだけ読んでほしい。

では、まずはモテる方法から書いていく。

スポンサーリンク

 モテる状態を引き寄せるには?

モテるのに一番有効な方法とは、恋人を作って満たされてしまうことだ……ああ、ちょっと待ってほしい。そんなマリー・アントワネットを見るようなまなざしは止めてほしい。順を追って説明していく。

「恋人が居る時に限ってやたらモテる」という話は聞いたことがあると思う。

なぜ恋人が居る時にモテる人が多いのか。引き寄せ的に言えば、重要度が下がっており執着をしていないからであり、また既に恋愛関連で満たされているのでより満たされる状態が現実化しているからだ。

重要度が上がって執着をしている状態というのは、多少まずい。

なぜかというと、重要度と執着が強まれば強まるほどに「失敗してはいけない」という思いが強くなる。これは、引き寄せ的に言えば失敗に焦点が当たっている状態であり、現実的に言っても変に力んでしまうことになる。

変に力むことの何が悪いのかといえば、自然体でないことが挙げられる。

力んでしまう状態というのは、例えば恋愛本などのマニュアルや方法を真に受けて、それに頼っている状態とも言える。駆け引きと言ってもいい。

こうした力んだ状態というのは、どこか不自然で相手に対して不審な印象を与えてしまいがちだ。

人間というのは、大抵の場合本音で喋っているか否かや下心の有無は見抜いてしまう。素を出していない人間の下心というのは、不審な印象を与えがちだ。

更に引き寄せ的観点から言っても、こうした行動は素の自分には魅力がないと言っているに等しいのだ。真実は異なる。素のあなたほど、魅力的な自分は居ないのだ。

執着が強く「失敗してはいけない」と思っていると、上記のような失敗が多くなる。

ちょっとした嘘や、気遣いをするなという訳ではない。ただ、なるべく自然体でいる状態でそうしたことをした方が良いということだ。

もしかしたらこの機微を理解するのが難しいという人も居るかもしれないが、変に気取ろうとしない方が良いということだけ覚えておいて欲しい。

自然体で居ると言うのは、つまるところ「今に在る」ということにもつながる。この感覚を覚えていればそれほど難しいことではない。

 好きになった相手からよく好かれた経験

書くかどうかためらわれたが、せっかくなので私の経験も書いておく。

何度か書いてきたと思うが、私自身はそこまで恋愛の引き寄せをしようと思ったことはない(全くしなかったという訳ではないが)。

何故かというと、異性に困った覚えがないからだ。たった今、モニター越しに凄まじい殺気が放たれた気もするが、めげずに続けていこうと思う。

この「困った覚えがない」というのは、モテてモテて仕方がないという状態ではない。そこまで重要だと思っていなかった、という方が正しい。

だが、自分が良いなと思った相手からは、自分も不思議と好かれることがほとんどだった。参考までにだが、その当時の私の心境を書いていく。

おそらく、考え方として特徴的だと思われるのは、相手を所有したいとは思わなかったことだ。

私は昔からまあまあひねくれた人間であったが、それでも好きになった相手は異性同性問わず「幸せになって欲しい」と願っていた。むしろ、ひねくれているからこそ好きになった相手にはそうした思いが強かったのかもしれない。

先にも書いたように、私は自分が付き合うことで相手を所有したいとは思わなかった。一番近い心境としては、「こんな良い子なのだから、一番幸せにしてあげられる人と出会って幸せになって欲しい」というものだった。

すると不思議なことなのだが、いつの間にか相手に好かれていたりする。

「その過程は?」と思われるかもしれないが、別にない。自然と話す機会が多くなったりすることもあれば、ろくに話したこともないのに惚れられていたということすらあった。

こういった事態が続いたこともあり、私は異性に困りはしなかった。そもそもそこまで欲しいと思わなかった上、良いなと思っていた相手と自然と付き合う流れになることが大半だったのだ。

一応言っておくと、別に顔が良い訳ではない(いくら顔が良かろうと、好きになった相手からピンポイントで惚れられるというのはそうそうないとは思うが)。

これこそ、私が自然と行っていた引き寄せなのかもしれない。参考にならないかもしれないが、苦労せずうまくいってしまったことなどこんなものだ。

 反響の強い恋愛記事

一応私の体験も書いたが、参考になっただろうか。

前の記事で恋愛の引き寄せに関する話も読みたいかと聞いたところ、メールや非公開希望コメントなどで思わぬ反響をいただいた。

今回の記事が参考にならなかった人も、引き寄せを活用して恋愛が上手くいくようになった友人たちから話を聞いてくるので、安心してほしい。

それと、ネガティブな気分に陥った時にどうすれば良いかを箇条書きにしたページを作ったので、良かったら覗いて欲しい。随時更新予定なので、ちょくちょく覗くと参考になることが増えていることだろう。

では、今日はこの辺りで。あなたに幸せが訪れますように。

スポンサーリンク

シェアすると良いことあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)