やりたいことがない、わからない人のための成功法則

ランダム記事

「やりたいこと、情熱を燃やせることが成功への一番の近道」とよく言われる。それは全くもって正しい。現実的観点からも、引き寄せ的観点からもだ。

しかし、この言葉は特定の人たちにとっては残酷な響きを伴っている。

特定の人たちというのは、やりたいことがない、わからない人たちのことだ。

成功や輝かしい名誉、あるいは一生をかけても後悔しないような何かを求めている人は多い。それを探し求めつつも、何でもない日々の雑務に流されて見つけることができずに焦り続ける。そういったパターンの人も少なくないのではないだろうか。

では、やりたいことが見つからない人というのはずっとその立場に甘んじなければならないのか? いや、そうではない。

物質的な成功であれ精神的な成功であれ、どちらにしてもある方法で解決する。

これから書くことができるようになれば、精神的にも物質的にも恵まれた人生を送っていけるようになるだろう。では、その方法を書いていく。

スポンサーリンク

 やりたいことがない人間の理想的な状態

好きなことや高い熱意があることをしている時、人はかなり理想的な状態となって流れに乗っていける。これまでの記事にも書いてきたが、そういった状態にある時、人は全力でことに当たることができ、人生の流れとでも言うべきものに乗っている。

世界中に味方されているような錯覚すら味わうほどに、謎の運が流れ込みやることなすことが上手くいく。引き寄せには現実的側面とオカルト的側面があると以前の記事に書いたが、これは正に好例である。

好きなことや熱意の持てることをすれば高い結果が出せる。

だが、好きなことでなくとも高い結果が出せる方法はある。

それは何かというと、目の前のことに全力を出すことだ。あるいは、感情や物思いに囚われず淡々とこなしていく、と言ってもいい。こう書くと多少失望したような顔をされることが多いのだが、もう少しお付き合い願いたい。

上で、好きなことや情熱の持てることをしている時には謎の運気が流れ込み、人生が不思議と上手くいってしまうと書いた。この、目の前のことに全力を出すという行為でも、その恩恵をあずかれる。

「好きなことをしていたら成功した」と語る人物は多い。だが、それと同じかそれに次ぐくらいに、「目の前の仕事を全力でこなしていたらいつの間にか今の位置に居た」という人も多いのだ。

なぜか? では、これらの要素に共通する、というよりももっと根本的な理由を見ていこう。

好きなこと、情熱の持てること、目の前のことに全力で当たることというのは、つまり今を生きているということになる。

今を生きているというのはつまり、過去や未来(あるいは結果)、他人のことを気にせず、目の前のことに意識を集中させることだ。

「目の前のことに全力を出す」と書いたが、今に在ることができるようになれば、自然と目の前のことに全力を出すことができるようになる。もっと言えば、目の前のものが好きなものになり、情熱の持てる仕事になっていたりする。まぁ目の前のことに集中できていればその時点で充分、「人生の流れ」に乗り始めるのだが。

ともかく、「今に在る」こと。これが、人生に不思議な流れを呼び込む力だ。

 今に在ることの力

これまでの記事で何度も何度も書いてきたように、「今に在る」ということの恩恵は大きい。

もしかしたら、「全力で取り組めと言われても、今の仕事にはそんなことする気分になれない」という人も居るかもしれない。

が、「今に在る」状態とは、そういったネガティブな停滞感や不安というのは全て消え去っている状態だ。

大抵どんな仕事であれ、淡々と効率よくこなせるようになってしまう。心配や不安とも無縁になる。

もしかしたら、「例え今に在る状態で仕事をしていようとも、自分のやっていることに将来性なんかあるとは思えないし、成功するとは思えない」という声もあるかもしれない。

だが、それは取るに足らない理性の声であり、ほんの小さな顕在意識の思いだ。

「今に在る」状態というのは、どんな仕事や環境に居ようとも、人生を押し上げる不可思議な力が働き、嫌が応にも上昇していってしまう。そういうものだ。

今あなたが取るに足らないと思っている仕事をしていたり、ろくでもない環境に居たとしても、後になって振り返ってみるとその状況が間違いなく必要だったと思えるような日がやってくる。なぜなのかはわからないが、どうも人生というものがそうなっているらしい。

とはいえ、いきなり「今に在れ」と言われても、やはり周囲の環境に惑わされてしまう人は多いだろう。

自分で将来性のない仕事と思っていたり、ろくでもない環境だと思っていると、どうしてもそっちに引っ張られてしまう可能性もある。

なので、そういった人は転職するのも良いだろう。近頃は後継者不足に焦っている会社もそれなりにあり、転職も比較的容易だ。リクナビNEXTなどは、転職の専門サイトであり求人情報も多いのでオススメだ。登録も無料なので、転職を考えている人は登録しておいて損はないだろう。

さて、仕事はもちろん、こういった転職の時にも、もっと言えば人生全般において、今に在るという状態は理想的なものなのだ。

どうすれば今に在れるか、どれほど効果があるのかというのは、これまでの記事で何度も言及してきた。それほど大切なことだからだ。今回は書くことにしないが、効果は間違いなく保証する。

最初の頃は、今に在るというのがどういう状態なのかわからないという人がほとんどだろう。が、一度実感出来たらそれは大きな恵みをもたらしてくれるようになる。精神的にも、物質的にも。

人は多くのものを望んでいる。が、望んでいる以上のものを受け取ろうと思ったら、「今に在る」というのはかなり理想的な状態だと私は実感している。

では、今日はこの辺りで。あなたに幸せが訪れますように。

スポンサーリンク

シェアすると良いことあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)