なぜ引き寄せの経験談や成功談を話さない人が多いのか?

ランダム記事

タイトルのこの疑問、結構多くの方が持っていらっしゃるのではないでしょうか。

体験談や成功談の話になると、「読んだ人のためにならない」だとか「エゴの餌になるだけ」という答えが返ってくることが多い。実際の体験談ほど気になるものはないのに、はぐらかされる。実は私も、引き寄せがかなり成功するようになってからしばらくの間は、なぜこのように濁すのかわかってしませんでした。

で、今回、こちらのコメントに返信を書いていたところ、今回のタイトルの話をするのにちょうど良い機会(基本的に、汎用性が高くある程度の分量の時は記事にする方針)だと思いましたので、質問に返答しつつタイトルの疑問に答えていきます。

こころ様

大変ご無沙汰しております。こつです。ご返信本当にありがとうございます。

他の方のコメントが記事に取り上げられていく一方で、私へのご返信がなかったので私のコメントがこころさんにご負担になってしまったな、申し訳ないことをしたなと反省しておりました。それだけにご返信はないものと思っておりましたので、今日こころさんのご返信を拝見して本当に大変嬉しかったです。

さて、現状についてご報告いたします。過日お話しさせていただいていた融資についですが、今から2週間ほど前に回答があり結果はやはりだめでした。現在別の金融機関に打診をしており、その審査結果が早ければ今週中にも回答があると思います。こちらも厳しいことが予想されます。

現在、会社を経営しているのですが(といっても代表は父で私はその補佐です。二人でやっています)、その借金が約3000万ほどあります。もちろん、ギャンブルなどそんなことで出来た借金ではありません。会社で借入しているものと個人でしているものを合わせて上記の総額になります。

会社の経営がうまくいっておらず、正直かなり精神的に追い込まれています。ただ、いろんな人が心配をしてくれて様々な形で手を差し伸べてくれているので、そういう意味では自分は本当に運があると思っております。ただ、正直この借金を返すためにはそれこそ宝くじでも当てないといけないと思いロトを買い続けています(笑)執着しているんですね、当たるのはあれから1000円(一番下の当たり)が一回あったきりです。

よい気分でいるとき(不安が和らぐとき)と深く落ち込むときが交互に自分を襲ってきています。今はとりあえず瞑想(ヴィパサーナ瞑想ではありません)を寝る前に行い、199式の録音は聞いたり、聞かなかったりという状況です。

ちなみに自分の行っている瞑想は丹田瞑想法(http://vacuumfella.blog62.fc2.com/blog-entry-87.html)というものです。

一方で不思議なことが起こっているのも事実です。例えば、この窮地の状況で友人がうちの会社で働かないかと提案してくれたことです。私は現在40半ばです。会社に何かあった場合就職をしないといけませんが、正直自身のスペックでは一般的にかなり難しいです。また、その友人は副業も認めてくれていますので、働くかたわら休みの日には父の仕事をサポートできます。それだけにこの提案は大変ありがたくお受けしました。しかし、いくら父の仕事をサポートできるとはいえ、自身の会社がこの先どうなるか本当に微妙です。

あと、私どものお客さんが昨日もしものことがあった場合、父の自宅を守るために手助けをしますよという普通ではあり得ない提案をしてくださいました。倒産すれば家を手放さなければならない可能性が高いので、この方のご提案は本当にありがたいです。お願いするかどうかはまだ決定していません、現時点では。昨日の話なので。

現状をかいつまんでお話しするとこのような状況です。事態は極めて逼迫しております。

現在、このようにしてこころさんにコメントを残すことができておりますが、会社の状態からいつか突然それができなくなることも大いにあり得ます。それはこのサイトそのものを見ることができなくなるかもしれないということでもあります。

それだけに一つだけお願いがあります。箇条書きで結構です。こころさんに起こった奇跡とその経緯を後編の前にざっくりと教えていただけませんでしょうか。それが私にとって希望となり大きな心の支えになると思うのです。こんな人がいるんだから自分も諦めるなと思えると思うのです。

諸事情があり難しいとは思いますが、是非よろしくお願いいたします。このような重い長文を最後までお読みくださいましてありがとうございました。どうぞご健康にはお気をつけください。それでは失礼いたします。

長い間コメントを返信できず、申し訳ありません。

自分の経験上、状況が逼迫している人ほどじっくりと言葉を選ぶ必要がありますので、中々良い回答が思いつかないままズルズルと来てしまった……という次第です。これに関しては、間違いなく私の力量不足です。

多少前後しますが、回答していきます。

スポンサーリンク

切羽詰まっている時ほど、今あるものに感謝を

文を読んで思いましたが、こつさんは周囲の方々にとても恵まれていますね。その周囲の方々の協力は、間違いなくこつさんの人徳と言っていい賜物でしょう。そうやって手を差し伸べてくれる人間が周りに居る状況というのは、あるようでない人が多い。

引き寄せの法則では、よく感謝した方が良いという言葉が出てきます。それは実際正しいのですが、追い詰められた状況では精神が荒れてしまい、感謝するという行為が非常に難しくなります。特に、打算目的で感謝しようとすればなおさら難しくなる。

最悪の場合、自分に手を差し伸べた人たちに対して当たってしまい、その人たちが離れていくことだってあります。ですから、よければ手を差し伸べてくれる方々に対し、打算抜きでただただ感謝の念を抱くようにしてみてください。

……と、書いてみましたがこつさんには不要の言葉でしょうね。文中にしょっちゅう感謝に関連する言葉が出ていらっしゃいますし、今もきっと感謝のワークも実践なさっているでしょう。ただ、気分が荒れ果てたことに気づいたら、なるべく思い出すようにしてみてください。

私に起こった出来事の体験談

体験談というのは、以前書いた記事の続きのことですね。

では、とりあえずざっくりとですが書いていきます。

  • すがるように白蛇財布を買った。
  • うさんくさいと思っていたが、ここで気づく。「なぜ引き寄せの法則は信じつつあるのに、この金運がよくなるという触れ込みは信じられないんだ? もしかしてここに強固な思い込みがあるんじゃないか?」と。
  • 金運だけでなく、様々な超常的なものに対する見方をフラットにするよう努める。
  • すると、様々な手段でお金が入ってくるようになる。
  • 財布を交番に届けたらちょうど持ち主が居て、「大切な私物をなくさずに済んだ」ということで10万円もの謝礼を頂く。話の流れで、当時の状況について話したら、応援の意味を込めて更に15万円ものお礼を頂く。
  • 実家を整理して出てきたグッズを処分して、家賃3か月分程度の思わぬ高値がつく。
  • 他にもいろいろあるが、上記の話よりずっと嘘のような話になるので書きづらい(笑)
  • しばらく連絡を取っていなかった友人から突如連絡がきて、色々話し合った結果なぜか一緒に事業をしようということになる(上記のエピソードと併せると特定されかねないので、詳しい話はご勘弁)
  • ここで、ブラック企業勤務期に培ったノウハウがかなり役に立つ(というか、そのノウハウがあったから一緒に事業をしようという話に)
  • そう大した技術でもなかったのに、かなりスムーズに商売が軌道に乗る。「こんな簡単でいいのか?」と困惑したほどに。
  • この成功と以降の色々な活動の甲斐があって、長期的な資産運用をすれば利子だけで貧乏生活ができる程度のお金を手に入れる。
  • スピリチュアル的なことに理解がありつつ、ちゃんと常識を持ち合わせた結婚相手を引き寄せる(パワーストーン好き)

なるべくエピソードだけ書きましたが……これちょっとうさんくさすぎませんかね(笑) これでも結構抑えた方なんですが。

思い返してみると、白蛇財布が色んなことのきっかけになっていますね。

もっとも、金運が上がるという触れ込みですが、果たして本当に金運なのかは未だにわかりません。思い込みと精神的ブロックに気づいたからのような気もしますしね。

まぁ過程はどうあれお金が入ってきたのは確かだし、きっかけになったことへの感謝の念もありますので、財布は基本的に上のサイトで買うようにしています。

とりあえず、フェイクを多少入れたりしていますが、上記が軌道に乗るまでのエピソードの箇条書きです。

では、結局体験談を話さない方が良いのはなぜなのか?

ここでタイトルの話。

なぜ引き寄せの体験談や成功談を書かない方が良いのかと言うと、タメになるようで全くならないことが多いからですね。もっと言えば、悪影響すら出かねない。

基本的に本当に参考にするだけならまだいいんですよ(それでもちょっとした興奮剤程度にしかならないことが多いのですが……)。「こういうぶっ飛んだことだって起こり得るんだな」といった具合に。

しかし、実際の体験談を自分に引き付けて考えてしまう人も結構いるんですよ。

例えば成功談を見た時には、「自分にはこの人のような〇〇(友達、お金、機会)がないから無理だ」となるような。そんな調子なのに、いざ失敗談だとか反論の時にはなんの共通点がなかろうと「自分もこうなってしまうかもしれない」って考えてしまう。

あと他にも色々いますね。自分が思ったほどすごい成功じゃなかったから失望する人だとか、理性で納得して自分が再現できる成功じゃないと認めない人だとかですね。後者のような話はまずないでしょうし、そもそも引き寄せ関連で探すのはかなり筋違いです。方向性が逆。

わからない人には全く縁がないかもしれませんが、こういった考えをする人は割と居ますね。こういった具合で、体験談や成功談というのは、百害あって一利……くらいはある(笑)といった感じですね。

エピソードが具体的になればなるほど、害の部分が大きくなって利の部分が少なくなる。そういった事情もあるので、今回のかいつまんで話してほしいというのはむしろ助け舟になりました。こつさん、ありがとうございます。

1億2千万円と、法外な利息からお金持ちになった人の話

上で私の体験談を書きましたが、こつさん以上の借金を抱えた状況で大逆転した方の話が読みたければ、下記の本がオススメです。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記

私が上に書いた体験談の悪影響に注意できるならば、この本に非常に勇気づけられるかもしれません。人気のある本ですので、おそらく近場の図書館にもあるかと思います。よろしければ読んでみてください。

3000万円の借金、非常に辛い状況だと重ね重ね推察いたします。

貯金がないだけでも絶望感に襲われるのに、一般的なサラリーマンの年収を遥かに上回る借金、おそらく想像してもしきれないほどでしょう。

しかし、3000万円以上の借金なら、無事返済していく人を何人か見てきました。彼らの特徴としては、その借金をバネにして、その後遥かに大きな成功へと飛翔している点です。私が何度か言ってきている、絶望している人間ほど、全てが上手くいき始める可能性が高いという話ですね。

慰めに聞こえるかもしれませんが、こつさんも間違いなくその1人だと言っていいでしょう。前を向いて歩いていってください。心の底からこれでよかったんだと思える日が、必ずやってきます。

では、今日はこの辺りで。あなたに幸せが訪れますように。

スポンサーリンク

シェアすると良いことあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. こつ より:

    こころ様

    おはようございます。私のコメントを記事に取り上げてくださりありがとうございました。一気に読み上げました。何度も読み返しました。

    自分はこころさんにも本当に助けていただいていると改めて痛感いたしました。お忙しいご身分であるにも関わらず、会ったこともない私にここまでのコメントを残してくださったこと、本当に感謝しております。

    文頭で長い間コメントができず申し訳ないとの文面がありましたが、どうかそのようにおっしゃらないでください。私の方が勝手に書き込んでいるだけですから。もう十分に助けていただいております。ただただ、感謝の念のみでございます。

    今の私は本当に精神的にどうにかなりそうです。引き寄せの活動も先にお伝えした瞑想と199式の録音を聞いたり聞かなかったり、夜に感謝の心を瞑想後につぶやく程度です。それ以外は全くなにも行なっておりません。

    現状、引き寄せの存在を信じられるのかどうか疑念を持っている状態です。それと極力心地よい状態になれるようにはしておりますが、すぐに不安と恐怖が襲ってきます。ただ、感謝の気持ちは常に持っています。本当にありがたいと日々思っています。一方で、代表である父には辛く当たってしまうこともあります。これに関しては本当に反省しております。

    こころさんに起こった奇跡をご紹介くださって本当にありがとうございました。心がかなり軽くなりました。ただ、精神状態が安定していないのでまた落ち込むことも出てくるとは思いますが・・・。

    一つ言えることはこころさんの周りで私よりもひどい状況(借金の額)の方が無事返済していく状況を何人か見てきましたとありました。これは本当に勇気づけられました。それと1億2000万の借金の金森さんですか、この方以前テレビに出ておられましたね。凄い人もいるんだなと驚いたことがあります。

    この先どうなるか本当にわかりません。このサイトが見られる状況である限り毎日チェックさせていただきます。絶望している人間ほど、全てが上手くいき始める可能性が高いという言葉、一日たりとも忘れたことはありません。

    十分に引き寄せの活動はできない状況ではありますが、瞑想と感謝の気持ちを常に持つこと、そして先祖のみなさまに感謝の言葉を呟くことだけは出来るだけ毎日行おうと思います。

    これからもこのサイトのファンであり続けます。拝見出来るうちはずっと拝見していきます。多くの苦しんでいる方にとってこころさんは救いの神のような存在だと思っております。もちろん私にとってもそうです。

    こころさん、本当に本当にありがとうございました。これからもどうかよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

    • こころ より:

      苦しい時というのは、周りがなんと言おうともちょっとした慰めとしか感じられませんよね。
      私も同じ経験をしてきているのでよくわかります。

      しかし、やはり私にとっては同じ結論しか出せません。
      こつさんは、必ず大丈夫です。

      普通に考えたらどうしようもないほどの絶望的状況に陥った人を何人も見てきましたが、不思議とみんな以前より良い状態になって人生を歩むようになりました。
      「神様は乗り越えられる試練しか与えない」と言いますが、それは真理だと確信しています。
      今こつさんの目の前にある状況というのは、より良い人生を歩めるようになる前兆に過ぎません。
      信じて歩んでください。その先に必ず光があります。

  2. Take5 より:

    お久しぶりです。ある日スーパーサイヤ人になってしまった”Take 5”です。
    いつも楽しみに拝見させていただいております。

    今のところ相変わらず(多少の気持ちの浮き沈みはありますが…)良い心持ちで日々を過ごしておりますが、これといって大きな変化もなく淡々と毎日を漂っています。

    そもそもこれと言った願望がないので、何かが変わりようもないのですけどね…。

    そんな中でちょっと私の中で変わったなと思うようなことがあったので、書かせてください。

    私は映画や漫画を観たり読んだりするのが好きで、その中で最も重要視しているのは作品性の高さでして

    『何のひねりもない作品など観るだけ損だ』

    と思ってたのですが、ここ最近に観た作品が近年では珍しいくらいのご都合主義的なコテコテのハッピーに始まりハッピーに終わる、良い意味で期待を裏切る作品だったんですが。

    今までの私なら『くだらねぇ』の一言で終わらせていたはずなのですが、今回は何故だか『何も起こらない永遠に続く幸せな物語』がとても素晴らしく感じました。

    そもそも私たちはそういう『何の心配もいらない当たり前に続く幸せ』を望んでいるはずなのに、別のところでは浮き沈みのない人生などつまらないと思い。

    矛盾してるよなぁと思った次第です。

    『この後の展開はきっとこうなる』と、すぐに穿った目で観る私の心の期待をことごとく裏切る、ある意味超良作でした。

    そんな根暗な日常にいろんな気付きを得ながら暮らしております。

    心を開けば世界はいろんな形で手を差し伸べている。

    そんな風に思う今日この頃です。

    私たちが望む幸せはきっと『サザエさん』くらい、単調で安心なものなのかもしれませんね。

    夏も終わりが近付き、少し肌寒さを覚える頃になりましたが、お身体にはどうぞお気を付けてご自愛くださいませ。

    次回の更新楽しみにしております。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)