徹底したアファメーションの効果と、引き寄せの法則で重要なこと

ランダム記事

ちょっと今回から、コメント欄に寄せられた質問も記事にしてみようと思います。どうせ答えるのならば、より多くの人の参考になりやすい方が良いですからね。

といっても全て記事にするという訳ではなく、これまでの記事の補足であったり、回答が多くの人に役立ったり、あとは自分の気が向くかどうかであったり(笑)という基準で記事にしていこうと思います。

では、まず最初はナンノさんより寄せられました質問です。

こんにちは、はじめまして。
潜在意識のサイトを探していたら、こちらにたどり着きました。

とても興味深い記事で、体験談の後編を期待しております。
アファメーションですが、1000回アファで奇跡を起こした人のことも読んだのですが、
徹底したアファメーションというのは執着にならないんでしょうか?

特に、片思いを実らせたい場合に「私は〇〇の心を独り占め」というのが効果がある
というのを読みましたが、徹底的にやれば、誰でも効果があるのかななどと、
ちょっと感じてしまいました。

徹底したアファメーションはなぜ効果的なのか?」という記事に関連した話ですね。

体験談の後編を楽しみにしてくださり、ありがとうございます。

書けば書くほど本人の特定が容易になったり、読む人にとってあまり良い効果がないのではないか、などと思うこともあり中々踏ん切りがつかないところです。だらしないですね(笑)

それはそれとしまして。では、答えていきます。

スポンサーリンク

 執着してしまう人のためのメソッド

まず前提条件として、執着をしたら願いが叶わないということはありません。叶いづらくなる、といった程度のものです。

執着というのは「叶ったら良いな」という感情と「叶わないといけない(叶わなければ幸せになれない)」という感情が綱引きをしている状態です。この綱引きの状態というのは、引き寄せとしては到底理想的と言える状態ではないので、叶うのに時間がかかりがちな上、心身共に非常に負担が大きい。

ですので、できることなら執着をなくしもっと気軽な状態で願望に望むことを勧める人が多いわけです。

しかし、そう言われてあっさりと執着を手放すことはできないという人も居るでしょう。また、自分にも覚えがありますが、上述の理屈を知っていてなお、その執着を手放すということを拒否してしまう人が多いんですね。

そこで出てくるのが、徹底したアファメーションです。確か以前の記事にも書いたような気がしますが、徹底したアファメーションというのはどうしても執着してしまう人にこそオススメの方法です。

徹底したアファメーションはどういったアプローチなのか?

徹底したアファメーションの主な効果は、潜在意識を上書きすることと、疑似的に「今」に居れることです。

人間というのは、意識的に考えることよりも圧倒的に無意識的に考えることの方が叶いやすくなっています。なので、潜在意識に働きかけてその無意識的な発想を根本的に書き換えるという手法をとる人もいます。

例えば、観念の書き換えなどもそうですね。あれは気づいてしまえば、あっさりと変更できるものでもあります。最初の頃はそうは思えない人も多いですけども。

そしてもう一つの効果である「疑似的に今に居れる」ということですが、これはつまり徹底したアファメーションをしていると、否定的な感情や思考が湧いてきにくいんですね。

何度か書いてきていますが、「今に居る」というのは願望を叶える上に置いて理想的な状態だと思っています。それを疑似的に体験できる訳なんですね。

徹底したアファメーションの主な効果というのは、この二つだと言っていいのではないでしょうか。

あと個人的なコツとしましては、なるべく無感情でひたすら唱え続けることだと思います。

「叶った時の感情をありありと味わえば叶う」ということもよく言われますが、それはイメージングなどの「質」が重要なメソッドの時です。この徹底したアファメーションは、「量」的側面から攻める代表的なメソッドですので、いちいち感情的になっていてはすぐ疲れますし、不安も入り込みやすくなるでしょう。なので、ただ淡々と唱え続けるだけで良いと思います。

アファメーションの文言で重要なこと

「私は〇〇の心を独り占め」というアファメーションは、もちろん効果があるでしょう。

しかしそれ以上に効果があるのは、自分で考え出したアファメーションです。

アファメーションを考える時、どんな文言ならば自分が一番幸せや安心を感じられるか、を基準にしてみてください。その基準に沿って編み出された言葉は、人の言葉よりも間違いなく効果があります。

つまりは、アファメーションの言葉を考える時には思いっきりその感情を味わい、いざ徹底的に唱える時には無感情で良いということです。

これに限らず、「自分がどう感じるか」は引き寄せにおいて非常に重要です。

例えどんな人が言っていたとしても、自分が良いと感じられなければそのメソッドを利用したり話を鵜呑みにしたりする必要はありません。もちろん、私の言葉も例外でなく。

ただ、私としてはやはりアファメーションは結構めんどくさくて長続きしないことが多いですので、自愛や今に在ることをオススメしたいですね。

引き寄せの法則は、結局のところ「自分がどうあるか」ということになります。誰がなんと言おうとも、あなたの世界で一番力を持っているのはあなたです。今は実感が湧かないかもしれませんが、それだけは忘れないでおいてください。

では、今日はこの辺りで。あなたに幸せが訪れますように。

スポンサーリンク

シェアすると良いことあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. るな より:

    アファメーションは鏡に向かいながらした方が効果的なのでしょうか?
    また、1日何回ぐらいがいいですか?叶うまで続けるということですよね、、?

    誰かに恋して付き合いたいなら
    「○○と付き合う」でいいですかね?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)