願いを叶えたい人に一番効果的なアファメーションとは?

ランダム記事

願望実現の世界においては、様々な方法が提唱されている。

それは、自分が望む未来を想像することであったり、欲しいものをひたすらアファメーションすることであったり、そうかと思えば一切の思考をなくすようにすることであったりとだ。

私は基本的に、「今この瞬間」を感じ続けるのが願望実現への一番の近道だと実感している。

しかし、かといって前の二つが効果がないわけではない。

イメージングもアファメーションも非常に有用だ。特に、願い事に執着して手放せないという人や、何が何でも叶えたいという人には。

もしアファメーションのことをよく知らないという人が居たら、こちらの記事で効果ややり方などの解説を行なっているので見てもらいたい。

スポンサーリンク

叶えたくて仕方のない人には徹底したアファメーション

私自身、望む未来を想像してそれを現実化させた経験はあるし、アファメーションを使って願いを叶えたこともある。最終的に到達し、また一番楽だと思ったのが「今この瞬間」にあり続けるということだったというだけの話だ。

「今この瞬間」に在り続けるというのは非常にシンプルで、なんの練習をせずとも誰だって行えるものだが、「本当にできているのか?」と不安になる人が多い。

それも無理はないだろうと思う。

私自身、「今この瞬間」に在るとはどういうことかを理解できたのは、絶望で心が擦り切れている時だった。

「今この瞬間」に在ると、とても大きな精神的な安らぎがある。

私は、そうした絶望的な心境になって初めて「今この瞬間」とはどういうものなのかが解った。いざわかってみると、あまりにも簡単すぎて笑ってしまった。

しかし、いくらこう書いたところで、わからないものはわからないという人も居るだろう。

願いをすぐにでも叶えたくて必死になっている人も居るかもしれない。

そうした人にオススメするのが、徹底したアファメーションだ。

これは、「今この瞬間」に在ることと似たような効果を出すことができる。

徹底したアファメーションが効果的な理由

徹底したアファメーションが効果的な理由は、主に2つある。

1つは、潜在意識に刻まれた固定観念の変更だ。

人間が現実だと思っている世界というのは、自分の内面の投影にすぎない。なので、その内面を徹底的に書き換えることによって、自分の望むような世界が展開されていく、という訳だ。

徹底したアファメーションの主な効果は、これだ。

しかし、もう1つ副作用として、徹底したアファメーションを行なうと「今この瞬間」にあり続けられるというものがある。

「今この瞬間」にあり続けるということはつまり、過去や未来への思考を取りやめ、目の前の現実に集中することだ。

徹底してアファメーションを行なうことだけに集中していれば、そうした過去や未来への心配や後悔が沸き上がってくるのを防ぐことができる。

初めのうちは、アファメーションを行なっていてもふと「こんなことをして本当に効果があるのだろうか」だとか「こんな無駄なことをしていても大丈夫なのか」といった不安が、頭をもたげてくるだろう。

そうした自動的に湧いてくる不安や心配といったものが、人々の願いを妨げている障壁なのだ。

ただ淡々とアファメーションに集中する

そうした心配が湧いてきても、意識的にアファメーションに集中するようにしよう。ただ淡々と、自分が決めたアファメーションを心の中で(口に出しても良い)繰り返すことに集中するのだ。

「今この瞬間」に居るかどうかの簡単な判断基準というのは、不安や心配を感じるかどうかであったり、自分の意図しない思考が出てくるかどうかであったりといったものだ。

こうしたものが出てこなくて、精神的に平穏であるのならば、あなたは「今この瞬間」に居る。

「今この瞬間」がどういうものなのかが解ったら、アファメーションをやめてただその瞬間に在り続けるだけでも良い。それでも充分願いは叶う。もちろん、アファメーションをやり続けても良い。メソッドとして非常に効果的なことに変わりはない。

そして、実は執着してしまおうともそれはそれで構わない。この方法は、潜在意識を書きかえることによって執着自体を強引に乗り越えてしまうという側面もあるからだ。

とにかく、やり切りさえすればどうあろうと叶ってしまうのがこの方法の良い点と言える。

が、やっぱりアファメーションはつらい

もっとも、叶うには叶うのだが、この方法は中々辛い。アファメーションを止めた瞬間、虚無感に襲われてしまうような人だって居る。

そうした人は、ちゃんと今この瞬間に在ることや自愛などの、生き方を根本から変えていく方法の方が返って楽だ。できればそちらをオススメしたい。

幸せになれる上に、望むことをそれほど意識しなくとも叶うようになるので非常に楽である。

あなたがどうあるのか、世界がどうあるのかを選択するのは、常にあなた自身だ。

全ての人々には、それだけの力が備わっている。「今この瞬間」にあり続ける時間を少しずつ増やしていけば、その実感が日増しに高まっていくだろう。

では、今日はこの辺りで。あなたに幸せが訪れますように。

追記

こちらの記事にて、コメント欄のナンノさんへの疑問にお答えしました。他の方にも参考になる内容ですので、ご確認ください。

スポンサーリンク

シェアすると良いことあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ナンノ より:

    こんにちは、はじめまして。
    潜在意識のサイトを探していたら、こちらにたどり着きました。

    とても興味深い記事で、体験談の後編を期待しております。
    アファメーションですが、1000回アファで奇跡を起こした人のことも読んだのですが、
    徹底したアファメーションというのは執着にならないんでしょうか?

    特に、片思いを実らせたい場合に「私は〇〇の心を独り占め」というのが効果がある
    というのを読みましたが、徹底的にやれば、誰でも効果があるのかななどと、
    ちょっと感じてしまいました。

  2. こころ より:

    こちらの記事で疑問に回答しましたので、よろしければご確認ください。

  3. Mizzy より:

    はじめまして。
    質問ですが、私はイメージングが苦手です。
    アファメーションをしている時にイメージングをしなくても大丈夫でしょうか?
    イメージングの方に気を取られて中々うまくアファメーションができません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)