ワクワクとは、行為そのものが目的であること

ランダム記事

願望実現の有効な方法として、ワクワクするというものが挙げられることが多い。

これは実際に有効な手段だと思う。思うどころか、実感している。

しかし、このワクワクするという心持ちで日々を過ごしているのにも関わらず、願いが全く叶わないという人も居る。

そういった人は、どこが間違えているのだろうか? 何が悪いのだろうか?

そう思って色々なことを調べてみても、答えが見つからないことは多いだろう。いや、正確には答えは見つかっているのだ。それも、妙な屁理屈ではなく文字通りの意味で。ただ、本人がどういう意味であるかを解っていないことが多いというだけだ。こういった道は、多くの人が通っていると思う。

なので今回は、ワクワクするというやり方の本当の意味を書いていこうと思う。

スポンサーリンク

なぜワクワクするのが良いのか?

なぜワクワクすると願いが叶うのか。なぜなら、ワクワクしている間は、目の前のことに集中しているからだ。目の前のことに集中している間というのは、今この瞬間に生きているということだ。

願望実現というのは、正確に言ってしまえば別にワクワクする必要なんてない。

ただ、今この瞬間に集中するための有効な手段として、ワクワクすることが挙げられているというだけの話なのだ。「夢中になれることをすればいい」というのもこれと似たようなものだと言える。

だから、「今この瞬間」に集中できるのならば、別にワクワクする必要というのはない。目の前の義務を、何も考えず淡々とこなしていくのでも良い。

ワクワクするということと淡々とこなすというのは一見正反対のアプローチに見えるが、「今この瞬間」に集中できるという点では全く同じものなのだ。

願望の実現を妨げる要因というのは、思考だ。過去や未来のことばかり思い煩い、今この瞬間に生きていないことだ。

「ワクワクしているのに願いが全く叶わない」という人は、こうした思考によるアプローチを行ない、「今この瞬間」に居ないということが多い。

「ワクワクすれば願いが叶うのか……それじゃあ、願いが叶った将来のことを考えよう」と、いったようなアプローチをして、結果として自爆してしまうというパターンが一番多いように思える。少なくとも私はこのパターンだった。

願いが叶った時のことを考える、ということ自体が悪いわけではない。そうしたことを考えた時に、自分の否定的感情を完全に押し殺してしまうことと、思考というのは基本的に「今この瞬間」に居ないことが問題なのだ。

例えば、自分の願いが叶った将来のことを考えた時、ふと「でも叶わないかもしれない」という想念が湧いてくる。ここで、その思いを無理やり押し込めることと、サッと流した場合ではかなり異なってくると思う。

自分の感情を無理やり押し殺して、無理やり修正しても、その押し殺された感情のエネルギーは消えることはない。むしろ、より強くなって表れてくるものだ。

「ワクワクしているのに願いが叶わない」という人は、楽しくもないのに無理やりワクワクしようとしたり、ただ楽しいことを考えるばかりで「今この瞬間」に居ないことが原因に思える。

別にワクワクしなくても良い?

上にも書いたが、無理やりワクワクしようとするくらいなら、別にしなくても良い。ワクワクというのは「今この瞬間」に居るためのアプローチであるので、「今この瞬間」を充実させることができるのならば、強いてワクワクする必要もないからだ。

例えば、何かしらの義務を無心で淡々と、作業に集中してやり続けることだって別に良いのだ。

やりたくないことをおこなっている時というのは思考が介入してきやすいが、そうした余計な思考はしないようにして、淡々と目の前の作業に集中していってみよう。それが今を充実させることに繋がり、不思議と願いが叶う方向に向かっていく。一見何の関係のない事柄であろうとも、だ。

例えやりたくないことであっても、余計な思考を働かせず行っていくうちに段々楽しくなってくることもある。ワクワクしてくることもある。

そうしたことがなくとも、今という瞬間に集中して生き続けていれば、やりたくなかったことや嫌なことがなくなっていたり、なぜか楽しく感じ始めたり、他の楽しいことに取って代わられたりしている。

「今」という瞬間に生き続けていると、人生に奇跡が起こり続けていることがよくわかる。余計な思考を働かせず、「今」という瞬間に集中して生きてみよう。いつの間にか、願いが叶っているなんてことはしょっちゅう起こるだろう。

では、今日はこの辺りで。あなたに幸せが訪れますように。

スポンサーリンク

シェアすると良いことあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)