この世は壮大なゲームの世界なのかもしれない

ランダム記事

ここ最近、AIの進歩が目覚ましいですね。

例えばグーグルのAIが囲碁の世界ランク2位の選手に勝ち越したりAIの書いた小説が一次選考を突破したり(割と人間の手も入っていますが)と、私たちの想像をはるかに超えるスピードで進歩していっています。

AIがすべての仕事を行なうようになり、人間は人間にしかできないこと、例えば芸術活動に精を出すようになるとは言われていましたが、近頃はそういった芸術分野すらもAIが行なえてしまうのではないかと言われています。

では、このままAIが進歩していって、人間のすることが何一つなくなってしまった場合はどうなってしまうのでしょうか?

一見引き寄せとは関係なさそうですが、一応関係はあるはずですw

では、見ていきましょう。

スポンサーリンク

何一つすることのなくなった世界

コンピュータが発展していくにつれ、人間の行なわなければならない義務は少しずつ減っていくでしょう。いつになるかは解りませんが、人間が労働をする必要のない世界というのがやってくる可能性は高い。

それに比例して、人が不自由さを感じる機会も少なくなります。

世界中を短時間で移動できる道具、望んだものが一瞬で届くシステム、オンラインで配信される娯楽作品……。

現在もあるこれらの道具が、ほぼ無料でより質の高いものを利用できるようになるでしょう。

全ての仕事は、人間以上の生産性と正確さと創造性を持ったコンピュータによって行われ、人類は何一つ不自由のない生活を送ることができるようになります。

しかし、そうした楽園にも思える生活に不満を覚える人間も数多く居ました。

何故か? その理由は、ただ消費するばかりの生活を送るようになってしまい、自分の存在意義が解らなくなってしまうからです。

コンピュータの生産性は、人間を遥かに超えるようになり、人間の創造性というものにもはや価値があるとは思われなくなりました。

しかしそれでも、人間は思考することができ、一見意味のないものにも意味を見出すような生物です。そうした無意味さに耐えられないという人が数多く居ました。

そうした人たちのため、例えば物語の主人公のような体験が楽しめる仮想空間の遊びであったり、とてつもなくやりこみ性の高いゲームなどが開発されましたが、やはり所詮退屈しのぎだという考えは頭から拭えず、本気で入り込むことができませんでした。

人生体験ゲーム

そういった人たちが数多く出てきて社会問題となりつつあった頃、とあるゲームが作り出されました。それは、現実体験ゲーム

そのゲームは、人類がこれまで積み上げてきた全ての学問を総動員して作られた究極のゲームでした。

あらかじめ遺伝情報の振り分けを行なったキャラメイキング、ゲームのプレイ中だけ本来の記憶をなくす装置、現実となんら遜色のないバーチャルリアリティ、どれだけやり込んでも決して飽きることのないやり込み要素……まさに、文字通り全人類の英知の結晶でした。

このゲームの発売後、あっという間に人類の大半がプレイし始めるほどの人気になりました。

彼らが生きていた現実と違い、様々な不自由があり、多くの願いがあり、そして自分が世界に様々な影響を与えることができるという実感を与えてくれました。

ただ単に不自由なだけではゲームとして面白くないということはよく知れ渡っていたので、開発者たちは基本的に、望んだ目的はそれなりに頑張れば必ず達成できるという難易度設定で作りました。

もしもプレイヤー同士で相反する願いがあった場合でも、ゲーム世界はあらかじめ平行世界として作られているので、そういった衝突の心配をする必要もありません。

そしてゲーム世界での人生を終えて現実に戻ってきた人間は、全ての幸福も不幸もかけがえのないほど貴重な体験だったことをしみじみと実感します。

ゲーム内で色々なことを達成した人生も、攻略法と反する行動をずっと行って不幸の連続だった人生も、多くの人の役に立った人生も、多くの人に不幸をもたらした人生も、ただ流れるように生きてきた人生も、全てが貴重な体験だったと実感し、充分にその感情を噛み締めてからまた考えるようになります。

「さあ、次はどんな人生を体験してみようかな」

人生はゲームかもしれない

妄想にお付き合いくださり、ありがとうございました。

この「世界=ゲーム説」というのは、一見するとかなりトンデモではありますが、自分としては人生って案外こんなもんなんじゃないかなと思っていますw なんというか、引き寄せで都合のいい現実が展開され続けていくと、どうもこういったトンデモが本当に思えてきてしかたありません。

そして更にこの世界でも似たようなゲームが開発され、そのゲームの中でも更に……といったようなことになっている可能性すらあります。インセプションという映画を見たことのある人なら、大体あんな感じだと思ってもらえれば。あっちは夢の世界でしたが、まぁ大体似たようなものですw

では、今日はこの辺りで。あなたに幸せが訪れますように。

スポンサーリンク

シェアすると良いことあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)