引き寄せの世界では「俺が正しいと思うから正しい」が正解

ランダム記事

引き寄せの法則の界隈においては、願望を自由に実現できる人(マスターとも呼ばれる)の言葉を非常に重視する風潮がある。

毎日願いが叶わない日々をもどかしく思い、どうやれば叶うのかという真理を毎日のように探し求めている人にとっては、彼らの言葉というのは聖典にも似た存在だろう。

だが、それらにあまり依存しすぎない方が良い。

というのも、彼らの言葉をあまりに気にしすぎるあまり、ずっと同じ場所に留まり続けている人が多いからだ。

「彼らの言葉が理解できなければ願いが叶わない」という思いを無意識に詰め込んでしまい、それができていない自分に願いが叶うことを延々と許可しないでいる。

そうした人は、引き寄せの大原則であり大前提を忘れている。

という訳で、今回の記事はこういったケースへの対処法だ。読んでいって欲しい。

スポンサーリンク

自分の気分が良ければそれで良い

引き寄せのマスターというのは、少しでも多くの人に願いを叶えてほしいという思いから、様々なメソッドや心の持ち方を紹介する。以前の記事にも書いたように、何かしらの絶望を経験している人が多いので、他の人にはそんな経験を経ずに幸せになって欲しいと思っているのではないかと思う。

だが問題は、実績のある彼らのことを重視しすぎるあまり、彼らの言葉が全てにおいて正しいと思ってしまうことだ。

彼らの言葉と自分の状況が少しでも食い違えば、自分が間違っているという前提で受け止めてしまう。

こういった人は、引き寄せの大前提を忘れている。すなわち、自分こそが現実の創造主であるということだ。

どんなに実績のある人間であろうとも、引き寄せにおいて正しいのは他人の言葉ではなく自分の感覚だ。極端な話、目標設定をしっかりとしていて自分の気分が良ければ、願いというのは勝手に叶っていく。人の言葉というのは、もう少し大雑把な理解で良いと思う。

時折、マスターの言葉を読むたびに「自分が今叶っていないという現実」を強化しているような人が見受けられる。そういった人は、少しの間情報断ちをしてみるのが良いかもしれない。引き寄せに関するものを読む機会を減らしてみてはどうだろう。もちろん、このブログに関しても例外ではない。

引き寄せの法則で最も大切なのは、自分が心地いいと思えることだ。もし自分が心地いいと思えさえするのならば、引き寄せのマスターやら達人たちの言うことと違っていても問題はない。

あなたは、あなたの感覚を大切にしてほしい。それは、この世界で唯一あなたしか持っていないものなのだから。

では、今日はこの辺で。あなたに幸せが訪れますように。

スポンサーリンク

シェアすると良いことあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)