奇跡というのは、当たり前の日常の先にある

ランダム記事

願望を実現しようとする時に、より良いやり方はないかとメソッドを探し続ける人が居る。

誰でも叶うような奇跡の方法を探し続けることに集中しすぎて、肝心の実践がおざなりになりやすい。ある意味では、スピリチュアル的なものが趣味になっている人だ。

だが、そういった奇跡の方法を探すよりも遥かに効率の良い奇跡の起こし方がある。実践し続ければ、世界は丸ごと変わってしまうだろう。そんな奇跡の方法を今回は紹介する。

スポンサーリンク

願いを叶える奇跡の方法

それは一体何かというと、生活を律して生きていくことだ。より正確に言うのならば、日が変わる前に眠り、食事はバランスの良いものを腹八分目で行ない、毎日簡単に運動をするというものだ。可能ならば、他の欲にも溺れないように気を付け、瞑想も行っていくと良い。これを半年も続けていけば、自分の望む現実がかなり展開されてくる可能性は高い。

こういったことを言うと、大抵はがっかりしたように「なんだ、そんなことか」というような反応をされる。魔法のような方法を期待したのに、出てきたのは子供の頃から何度も聞いたような常識だったからだろう。

だが少し待って欲しい。あなた自身、あるいはもっと広めてあなたの知人全ての人間を含めて、半年間もこうして自律した生活のできる人が居るだろうか? おそらく、確信を持ってイエスと答えられる方は1%にも満たないと思う。こうした当たり前のことを当たり前に実践できている人間というのは、余りにも少ない。

真の奇跡というものは、当たり前のように思われていることを当たり前に行うことから起こるものだ。

例えば、何千年も前から読まれているような宗教の聖典などを読んでみると良い。多くの場合、欲に溺れてはならないだとか、悪事を行なってはならないといった旨のことが書いてある。あれは人々に倫理観を持たせるという側面もあっただろうが、同時に幸福へと繋がる真理でもあるのだ。

少なくとも、願望を叶えるために何かのメソッドに依存するより、上で書いたようなことを半年間徹底的に行うことの方がよっぽど有益だと思っている。

より正確に言うならば、メソッドそれ自体を楽しんで行なえている人ならばそのままで良い(この場合でも、同時に行なうことで相乗効果が見込めるが)。

しかし、叶えるためだけにメソッドを嫌々やっているのならば、今すぐにやめて今回書いたような方法を行なってみて欲しい。

期間は半年間だ。コツとしては、半年間一日たりとも例外を許さないという気持ちで行うことだが、いざ破ってしまった場合はあまり気にせず進めて行けば良い。

破ってしまって、そのままズルズルと駄目になっていってしまうのが一番まずい。いざ破ってしまった場合は、「1日くらい大したことはない」とでも開き直って進めてしまおう。もっとも、「1日くらい大したことはない」と考えて破ってしまうのは問題だが。

こうした、当たり前のことを当たり前に続けていける人間というのは思った以上に少ない。遥か昔から言われているようなことは、実践していけばかなりの効果があるものなのだが、大抵の人々は「月並みな言葉」だと思って軽視してしまう。

だが、大昔から何度も繰り返される言葉というのは、真理だからこそ何度も繰り返されて言われるのだ。

今回提唱した方法は、1日行うだけでは効果が薄いかもしれない。だが、半年も続ければまるで別人のように変わっていることだろう。

では、今回はこの辺で。あなたに幸せが訪れますように。

スポンサーリンク

シェアすると良いことあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)