そこらのメソッドより強力な、引き寄せによる願望実現方法

ランダム記事

ちょっと敬語では書きづらいので、今回から書き方変えますね。

願望実現のメソッドというのは色々あるけども、結局のところどうやるかというのは些細な問題で、一番大切なのは心の持ちようだったりする。だから、個人的に一番信頼しているのはその気持ちの持ち方を変更する方法。

じゃあどういった心持ちになれば叶うのかというと、一番わかりやすいのが「叶うと信じ切れば叶う」というものだ。

これは実際正しいけども、一種の理想論的な面もある。「絶対に叶うと信じ切れる」ほどならば、大抵の場合引き寄せ関係なく叶うくらい、実現に近づいていることが多いからだ。引き寄せに頼ろうという人で、その境地にまで達している人は中々少ないんじゃないだろうか。

そこで、今回は現実化の可能性はかなり高い(というか、まず叶うと言っていい)けども、実践するとなるとちょっと難しいかもしれない心持ちの話をしようと思う。

スポンサーリンク

一見相反している感情を統合する

一体どんな心持ちかというと、「結果(叶うかどうか)への期待は一切捨てながらも、必ず叶うと信じ切る」というものだ。

言葉にするのは簡単だし、ちょっと読んだだけだと「なるほど、そういうことか」と簡単に納得できると思う。でも、これを実践するのは中々難しいかもしれない。正直なところ、言葉ではこの心境の本質を全て表現できる気がしない。

引き寄せの法則や願望実現の世界では、こういった一見すると矛盾したことが真理だったりする。

例えば、何よりも叶えたいことがあって、それを四六時中願い続けて苦しいくらいの人からは、願いが遠ざかっていってしまったりする。

反対に、「まぁ叶っても叶わなくてもいいや」程度に考えて、行為や過程それ自体に没入してしまうような人間が、あっさりと先ほどの人間が願っていたものの全てを手にしてしまったりする。

こういったアイロニカルな事例は、引き寄せや願望実現の世界では数多い。今回私が提唱している心の持ち方も、おそらくこれに近い。

心の持ち方の問題というのは、言葉にしてしまうと伝わりきらないことが多い。それも、人それぞれで微妙にコツや居るべき立ち位置が異なっていたりするから、微妙なズレが大きく影響したりする。

「結果(叶うかどうか)への期待は一切捨てながらも、必ず叶うと信じる」というのを、私が普段言っていることも併せて「叶うかどうかは気にせず、目標に向けての一瞬一瞬の瞬間に集中し切る」という風に解釈する人も居る。

これは間違っていないが、惜しい。惜しいが、一瞬一瞬の瞬間に集中して目標に向かえるのならば、それだけでかなり叶う確率は上がる。

しかし、今回私が言っているのは、それ以上に強力でそれ以上に早く引き寄せができる心の持ち方だ。

もう少し踏み込んで言うならば、「結果への期待は一切捨てながらも、常に無意識のレベルで叶うと信じる」ということになると思う。

「『絶対に叶うと信じ切る』って心境と何が違うんだ」と言われそうだが、「絶対に叶うと信じ切る」のは表層意識のレベルの話で、私が提唱しているのは「無意識でそう信じる」という話だ。

こういった話をすると、私の提唱する方法の方が難しいと言われることが多いが、実際にはそんなことはない。無意識で信じるという方がずっと楽だ。

「絶対に叶う」とまで信じる必要はない。「まぁきっと叶うんじゃない?」程度のものを無意識に刷り込んでおけば、それで十分だ。

これができるようになれば、物質世界での願いというのは面白いくらいにガンガン叶うようになる。

少し上で、言葉では説明しきれない精神的なものというようなことを書いたから、「実際にこの方法をしようと思っても、正しいやり方かどうか解らない」と思う人が居るだろう。

そういった人には安心してほしい。実際にできるようになれば、「ああこういうことか」と必ず納得ができるはずだ。

その腑に落ちた時の感覚というのが大切で、それに従っていれば間違えることはない。

では、今日はこの辺で。あなたに幸せが訪れますように。

スポンサーリンク

シェアすると良いことあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)