成功したから幸せなのではなく、幸せだから成功する

ランダム記事

引き寄せの法則でよく、成功を引き寄せたいという方がいらっしゃいます。

私としては、そういう方に送るアドバイスとして多いのが「まずは幸せになってください」というものです。

えー、なんだそりゃと思うかもしれませんが、これには一応ちゃんとした理由があるんですよ。

一応、成功をダイレクトに引き寄せるということも普通に可能なんですが、どうも経験上、まず幸せになるという方法をとった方が手っ取り早いことが多いんです。もちろん人によって違うので、その辺りは見分けた上でアドバイスをしているのですが、「まず幸せになる」という方法ならばまず間違えることはありません。

という訳で、今回はなぜまず幸せになった方が良いのかということを書いていきます。

そもそもなぜ成功したいと思っているのか?

早速ですが、一番の原因はここにあると思います。

そもそもなぜ成功したいのか、という理由を掘り下げていくと、「成功したら幸せになれる」だとか「他人に自慢したい、尊敬されたい」といった理由がほとんどなんですね。

まず前者から見ていきますと、これに関しては因果関係が逆なんですよね。

成功したから幸せになるというのではなく、幸せだから成功した、というケースの方が多いというデータがありますし、体感的にもそれが正しいと思います。なので、まず成功する前に幸せになった方がいい、という訳です。

次は後者ですが、これに関しては、価値観が他人の尺度に振り回されていて、引き寄せ自体が中々うまくいっていないという人が多いです。身に覚えがある方もいらっしゃるのでは?

願いというのは、自分の潜在意識の思いと表層意識の思いが一致した時に一番引き寄せられやすいのですが、他人の価値観に振り回されていては、引き寄せるのにも結構苦労します。

全ての人間に共通する願いというのは、「幸せになりたい」というものです。極端な話、人の持つ願望というのは全て、幸せになりたいからこそ生じてくるものだと言っても過言ではありません。

ですから、他人によく見られたいという人も、まずは自分が幸せになることから初めてみてはどうでしょう?

一見遠回りに見えますが、これが一番の近道と言っても良いと思います。幸せな状態というのは、願ったことの引き寄せも加速しやすくなりますしね。

じゃあ、幸せになるにはどうすれば良いの?

「そんなこと言われたって、そう簡単に幸せになれたら苦労しないよなぁ」という言葉が聞こえてきそうですw 誠にごもっとも。

しかし、幸せになるというのはそう難しくはありません。

前回の記事で書いた通り、幸せになるには周囲への感謝がかなり効果的です。

そもそも幸せというのは、9割は自分がどう思うかで決まってくるんですよ。

どんな劣悪な環境に居ようと幸せだと感じる人間だっていますし、どんな恵まれた環境に居ても不幸だと考える人間だって居ます。

だからこそ、まず幸せになるようにと勧めている面もあります。とはいえ、劣悪な環境だとネガティブな考えが沸き上がりやすいので、なかなか幸せだと思えないのも仕方がないのですが。

そういう場合には、やはり瞑想で周囲の環境に反応しないのが大切だと思います。

しかし、それでも駄目だと言うくらいキツイ環境に居る方は、一度逃げ出してみることも考えてみてください。

私もブラック企業勤務に限界を感じて逃げ出しましたが、引き寄せが本格的に加速し始めたのはそれ以降の、好きに生きてやろうと決心してからのことですしね。

あまり無責任なことは言えませんが、それでも命を絶ちたいと思うくらいにつらくなった場合は、絶対に逃げ出してください。生きていれば、どんな人でも必ずなんとかなります。特に、引き寄せのことを知っているのなら、あとほんの少しで夢にまで見た生活が待っています。それは間違いありません。

人間は本来、幸せになるために生まれてきています。

不幸になるような道からは、即座に逃げ出したってかまわないんです。逃げ出した先に幸せがあることなんて、全く珍しくなんてありませんしね。

では、今日はこの辺りで。あなたに幸せが訪れますように。

スポンサーリンク

シェアすると良いことあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)