願いを叶えたければ、ワクワクすることをするのが一番の近道

ランダム記事

こんにちは。

引き寄せの法則で願望や目標を叶えようとする時、叶えたいことだけを考えてそこまでの道のりや手段を考える必要はないとよく言われます。

引き寄せの法則を知った人が結構つまづいてしまうのが、ここの部分なんですよ。だって、世間でよく言われてることとは全く違いますもんね。これまで「常識」に縛られてきた人ほど、ここで混乱してしまいます。

途中の道のりなくして結果までは辿り着けません。ではなぜ、引き寄せの法則では結果のみを考えていればいいと言われるのか?

今回はその点について解説していきます。

スポンサーリンク

心と頭の関係

私は、目標を叶えるための手段には2種類あると思っていて、1つは頭で考える手段であり、もう1つは心で考える手段だと思っています。

心で出した結論が一番正しい!

頭で考える手段というのは、一見近道のようで実はかなりの遠回りだったりします。もしくは、目標にたどり着いたと思っていても、終わってみたらほんの小さな成果しか出せていなかったり。

反対に、心で考える手段というのは、一見遠回りのようでかなりの近道になっています。よく聞きません? 「全く関係ないと思っていたことが、思わぬところで役に立った」みたいな言葉。スティーブ・ジョブズのエピソードが有名ですが、世の中の成功者というのは結構こういう経験をしている人が多いです。自分の願いを叶える人は、心で考えている人がほとんどではないでしょうか。

何故かというと、頭で考えたことは顕在意識しか使っていませんが、心で考えたことは潜在意識までもフル活用しているからです。人間の自覚できる意識というのは、実はたったの5%程度のもので、無意識の領域が95%以上を占めていると言われています。この95%が潜在意識という訳です。どっちが判断として優秀かは、まぁ言うまでもありませんよねw

願いを叶えようと思ったら、心で考えたことをするのが一番良いということになります。

どうやったら心で考えられるの?

心で考えているかどうかを判断する方法というのは簡単です。

それは、ワクワクしているかどうかです。

実はワクワクというのは、正しい道を進んでいるかどうかのサインでもあります。毎日、今すぐにワクワクできることを行なっていく……それが願望実現への一番の近道だったりするんですよね。

人間は自覚がないだけで、元々自分が何を望んでいて、それを叶えるためにはどうすれば良いかなんてことは全て知っているんですよ。そのサインがワクワクすることであり、ここ最近の研究でそれが段々認められるようになっていきています。

しかし、それでも頭で考えた結論に頼ってしまう人が多く居て、そのせいで苦しい思いをしてしまっている人もたくさんいます。

なぜ頭で考えた結論に頼ってしまう人が多いのかと言うと、やっぱり未来が予想しやすいからだと思います。「こうやってこうすれば、きっとこうなる」という予想に基づいて行動してる訳ですね。

「ワクワクすることをやり続けたら成功した」なんて言っても、それはたまたまうまくいっただけだ、と返す人が多い。頭で考えることと違って、具体的なプランなんてありませんから、一見そう見えるでしょう。

しかし思い出してください。頭で考えた結論というのは、せいぜい5%程度の意識から生まれるもので、心で出した結論は95%の無意識から生まれたものです。単純計算で、たった5人で出した結論と95人で出した結論、どっちの方が正確かなんてわかりきってますよね。

頭より遥かに正確で幸せな結論を出せるのが心であり、そのサインがワクワクです。

特に、今の時代は人類史上初と言えるくらいに大きな変化が起こっている時代です。前例や経験から頭が出した結論なんて、どこまで通用するのか怪しい。

しかし、心は違います。過去や未来ではなく、今この瞬間。今この瞬間にワクワクしていることが正しいことを、心はコンピューターより正確な計算で導き出しています。

こんな時代だからこそ、自分のワクワクに素直に従える人たちが、これからもっと活躍していくようになるのではないでしょうか。

そして、そうした自分の心に従う人たちをお手本にして、ドンドン自由で幸せに暮らす人が増えていく……21世紀は、そういった時代だと思います。

では今日はこの辺で。あなたに幸せが訪れますように。

スポンサーリンク

シェアすると良いことあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)