引き寄せには理論派と感覚派がある

ランダム記事

なんてことをふと思いました。

引き寄せについてアドバイスしてると、コツを掴む人が大体その二通りに分かれてるなぁと思います。

大まかに分けると、とことん理屈で納得しつつ実践して結果が出る人と、理屈はよくわからないけどある日突然結果が出るようになる人ですね。

スポンサーリンク

理論派と直感派

理屈で納得するタイプの人は、こちらの説明をよく理解してくれるんですけども、結果が出るまでが遅かったりします。

直感的にやるタイプの人は、こちらの言ってることをそこまで理解したようには見えないんですが、ある日突然覚醒して一気に引き寄せたりもします。

綺麗なくらいに分かれてますねw

ただこれ、どっちが良い悪いという話ではないんですよ。

私の見てきたところだと、理論派の人はコツを掴むまでが長いですが、掴んだらそれ以降安定して自分の望むものを引き寄せられるようになります。

対して、直感派の人はコツを掴むのは早いですし一気に大きなものを引き寄せたりもしますが、中々安定しないという傾向にあります。

あ、もちろんこれは傾向ですし、全員が全員そうという訳ではないですよ。すぐに成功する理論派の人も居ますし、ずっと安定する直感派の人も居ます。

ただ、やっぱり上で書いたような傾向はある気がしてます。

理論派の人は完全に理屈に納得しないとメソッドに集中できなくて、直感派の人は一度歯車がズレ始めると修正に時間がかかるといった印象です。

理論派の人はどうしても、ちょっと叶わない期間が続くだけで疑いがポンポン湧いてくるというのが集中できない原因でしょう。

直感派の人は、微妙な感覚を捉えて引き寄せを行なっているので、ちょっとズレるだけで上手くいかなくなる、といったところでしょうか。

弱点の克服するためにはバランスが大切

これを克服しようと思ったら、理論派の人の場合とことん理論を突き詰めて完全に納得してしまうか、全てを委ねてメソッドをしてみるのが良いと思います。

対して直感派の人は、叶った時のことをよく覚えておき、ちょっとずつで良いので理論の方も調べていってください。そうしていくと、自分の感覚をより明確にとらえられるようになって、より安定して引き寄せができるようになります。

ちなみに私自身は理論派ですので、理論派の人の方が教えやすいですね。

私は叶わなかった頃、ポンポン願いを叶えていく直感派の人たちがとても羨ましかったんですが、直感派の人たちは直感派の人たちで、なかなか安定して願いが叶うようにならなくて困っていたそうです。

これが、上で言ったどっちが良い悪いという訳ではないという主張の理由です。

教えるようになってからわかることもたくさんありますね。

自分がどっちのタイプかはしっかりと見極めよう

この理論派と直感派ですが、本人は実際のタイプとは違うタイプだと思い込んでいることもよくあります。理論派だと思ってた人が直感派だったり、直感派だと思ってた人が理論派だったりですねー。

例えば、「自分はごちゃごちゃ考え込んでしまうからきっと理論派だ」という人が居ましたが、何も考えずに全てをメソッドにゆだねて願うことを勧めてみたところ、一瞬でコツを掴んだ人も居ます。その後も安定しなくなったりと、典型的な直感派でした。

他にも、「理論読んでもよくわからないし、きっと直感派」という人も居ました。この人に対して、ゆっくりでも良いのでちょっとずつ引き寄せの理論を自分の中に取り込んでいくことを勧めてみたところ、安定して引き寄せることができるようになったという人も居ます。

理論が理解しやすいから理論派、理解しづらいから直感派、ということではないんですよ。

案外、本人が一番わかってないことが多いですね。

まぁ、どっちにしたって、良い気分で過ごして自分の望むものに焦点を当て続けるのが一番ですね。それこそが幸せへの一番の近道です。

では、この辺で。あなたに幸せが訪れますように。

スポンサーリンク

シェアすると良いことあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)