お金持ちになってからの方が一見貧乏に見えるようになった

ランダム記事

最近気づいたんですが、私は金銭面での不自由を感じなくなってからの方が、一見貧乏に見えるようです。

どういうことかと言うと、お金がない頃は服などにはしっかりとお金をかけていたんですが、今のような暮らしをするようになってからはそこら辺のチェーン店で買うようになったんですね。

それどころか結構ボロボロになってるものもありますから、一見すると貧乏な大学生にも見えると思いますw

その理由はなぜか?

考えていくうちに、これも引き寄せと関係がありそうだということに気づいたので記事にすることにしました。

スポンサーリンク

 見栄によって使いたくないものにお金を使う日々

お金がなかった頃は、給料の半分が飛んでしまうくらいに高価な服をよく買っていました。

なぜそんな服を買っていたのかというと、単純に見栄のためだったんですね。

当時の私は、周りと比べて給料が少ないことがかなりのコンプレックスでした。

その影響から、せめて見た目だけでも金持ちっぽく見せようと思って高価な服に手を出しました。

服が高いかどうかなんてこと、大体の人は解らない上に興味もないとは思いつつも、そうやって高価な服で武装をしておけばなんとなく安心できたんですね。

ただ、今にして思えばこれはあまり良くない安心だったと思います。

というのも、そういう風にしないと得られない安心というのは、あくまでも他人の評価を気にしすぎていることの裏返しなんですね。

もっと言えば、私は毎月のように好きでもないものにお金を払わなければならなかったので、精神的にも金銭的にも非常に辛かったですね。

高価な服を買う度、逆説的に自分は貧乏であると宣言しているようなものでした。これでは、お金なんて引き寄せられるわけありません。

もちろん、純粋にファッションが好き、という方はこういった使い方をしても全く問題はありませんし、むしろドンドンするべきだと思います。

ただ、私はあくまで外見を取り繕うことだけが目的で、ファッションにはほとんど興味がなかったんですね。

そんな状況では、消耗するのも当然ってもんですw

この頃の私の引き寄せが上手くいかなかったのも、ずっとお金に対する不足感があったからだと思います。

毎回のように自分に向けて「貧乏である」と宣言していたようなものなので、そりゃあ引き寄せられるわけがありませんw

 お金が入るようになってからの方が貧乏くさい

で、かなりお金のある今はどうなのかと言うと、上にも書いたようにかなり適当な服で済ませてますw

これはお金をケチってたりする訳でもありませんし、外見にお金を使うべきじゃないなんてことを言ったりする訳でもありません。ただ、ファッションというものが私は特別好きなわけでもないし、わざわざ服を買いに行こうと思うことが少ないんですね。

何かの用事ついでで寄る程度。ボロボロになっても気にせず使うような人間ですからw

ただその代わり、ちょっとでも「良いな」とか「欲しい」と思うものがあれば値段を見ずに購入します。これは服に限らず、全てのことに関してです。

結局のところ、自分が欲しいと思ったものにガンガンお金を使っていけば、意外とそれ以上のお金が戻ってくるんですよ。

前に紹介した友人は極端な例ですが、ずっとお金を貯めこんでたり好きでもないものにお金をつぎ込んでたりした時より、彼のようなお金の使い方をマネし始めてからの方がお金がたくさん手に入るようになりました。

引き寄せ的に言えば、欲しいものに焦点を当て続けていれば、それを手に入れる手段は勝手に整ってくるんですよ。ひょんなことから手に入るかもしれないし、臨時収入が来ることだってある。

最初は中々信じてもらえないんですが(私自身、昔は信じてませんでしたし)、好きなことにガンガンお金を使い続けた方が、お金って貯まってくるんです。

お金を使うことの恐怖を手放して欲しいものが手に入る喜びに浸れるようになれば、すぐにそれが解りますよ。

お金が欲しい人なんていない

私は、本当の意味でお金が欲しい人なんてのはコレクター以外には居ないと思っています。

どういうことかと言うと、みんな欲しいのはお金ではなく、お金で手に入る何かなんですよ。

それがものであったり、食べ物であったり、将来の安心であったりするというだけの話で、お金はそれを手に入れるための手段でしかありません。

お金を手に入れることを望むことに問題がある訳ではありません。むしろ私はお金を望み続けて手に入れた訳ですし。

ただ、一度「自分はお金で手に入る何が欲しいのか?」を問いかけてみてください。

それに答えを出せたら、引き寄せは一層加速していきます。自分の本当の望みに気づくのは大切なことですよ。

では、今日はこのあたりで。あなたに幸せが訪れますように。

スポンサーリンク

シェアすると良いことあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)