引き寄せの法則を上手く活用するコツの掴み方

ランダム記事

引き寄せの法則には、コツというものが存在します。

引き寄せを上手く使えないという方はよくいらっしゃいますが、これって結局のところコツを掴んでいないというだけの話なんですよ。

コツというと方法論のようになりますが、より正確に言うなら気づきだとかブレイクスルーといったところでしょうかね?

引き寄せが上手くいくかどうかっていうのは、そのあたりの気づきだとかブレイクスルーがあるかどうかにかかっています(もっと段階が進むとそもそもそんなものすら必要ないということが解るのですが、ここではひとまずそういうことで話を進めます)。

言い換えれば、それさえあればもうかなり自由に好きなものだけを引き寄せられるようになるんですね。

引き寄せは本来なら経験なんてなくても出来ますから、人生の悩みなんてものは一瞬で吹き飛ばしてしまえるくらいのポテンシャルを秘めています。

人生にどれほど絶望していようとも、ほんのちょっとの気づきで全ての状況を好転させられるって考えると、すごく夢がありません?

ただ、やっぱりなかなか叶わないと不安になってしまう人が多いんですよね。

本来、人間は誰であれ自分の望むものを引き寄せることができます。ただ、不安がそれを邪魔しちゃってるんですよ。

私は実際に引き寄せの力で人生が大きく好転しましたから、万が一(まぁ私が望まない限り起こりませんけどw)全てを失おうともそういった不安に悩むことはありませんが、そういった経験がない人はどうしても焦ってしまいますよね。よくわかります。

なので今回は、引き寄せの法則への気づきが得やすくなるアプローチ方法をご紹介します。

この手段はオススメですよ! 実際に効果出た人をよく見てきましたしね。

スポンサーリンク

引き寄せの気づきが得やすくなるやり方

これはどうやるのかというと、とにかく数をこなすことです……いや、すいませんそんな顔をしないでください。これ本当に効果ありますから。

まず、結果がすぐに確認できるような簡単なものを引き寄せようとしてみてください。

例えば、「電車の席に座れますように」とか「次の信号が青になりますように」とか「黄色い車を見れますように」といったものですね。

こういった、叶ったらちょっと嬉しいけど叶わなくても大したことはない引き寄せを何度もやってみてください。

そして、その中で叶ったものがあれば、どんな風に引き寄せようとしたかとか、引き寄せようとした後はどんな心境で過ごしたか、ということをよく思い出してみてください。それを何度も繰り返す。

そうしていくうちに、段々引き寄せの成功率が上がってくる上、より大きなものが簡単に引き寄せられるようになってきます。

これの良いところは、引き寄せの法則のコツを掴む練習になることと、成功体験を積むことで段々引き寄せへの抵抗感が薄れていくことです。

前者は文字通りですね。とにかく数をこなす。自分に合った方法は1人1人違いますので、こういった方法で実際にどういうパターンだと上手くいくかを覚えておくのはかなり有効です。

特に重要なのは後者ですねー。

表面上では信じると言っていても、やっぱり心の奥底で引き寄せを信じてない人が多いんですよ。

引き寄せは本来、やろうと思ってやるものではなく常に働いているものです。

「引き寄せなんて本当はないんじゃないか」と思っている人には、その思いを強化するような現実ばかりが展開していきます。

ですから、そういった否定の観念をちょっとずつ弱めていけるという意味では、非常に強力です。何せ、本当に目の前に引き寄せられてきますからねw

本来練習は必要ないけど……

引き寄せには本来練習は必要ありませんが、だからといってやってはいけないというわけではありません。

人によってはこういった段階を踏んでいくのが最適なこともあります。

実際、これを実践してもらったところ、自分の望むものを引き寄せられるようになる人が結構居ます。

確か、これとほぼ同じ方法が「こうして、思考は現実になる」という本にも書いてありましたね。なかなか面白い本でしたので、気になる方はどうぞ。

では、今日はこの辺で。あなたに幸せが訪れますように。

スポンサーリンク

シェアすると良いことあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)