人によって願望実現のメソッドが全然違うのはなぜ?

ランダム記事

引き寄せの法則や潜在意識の体験談を見ている時、ある人が言っているコツと他の人が言っていることが全然違うことってありますよね。

例えば、叶えたいことをずっと考え続けている方が良いという人が居れば、ちょっと考えるだけにして後は手放した方が良いという人も居ます。

人によって言ってることが正反対で、理解が浅い時は私もよく混乱していましたw

で、色々試してみたり人に教えたりしてやっとわかったんですが、あれはどっちも正しいんですね。

スポンサーリンク

引き寄せの法則は、メソッド自体は重要じゃない?

引き寄せの法則や潜在意識には、よく願いを叶えるためのメソッドが出てきます。

例えば、199さんのアファメーションではとにかくしつこいくらいにアファメーションをします。対して、一度アファメーションをするだけであとは忘れてほったらかしの方が良いという意見も存在する。

これはどちらが間違っている、という話じゃないんです。

人によって向いている方法が違うというだけで、どちらでも願いを叶えることができます。

メソッドの目的とは?

199さんの場合は、潜在意識に染みついている概念をしつこくアファメーションし続けることによって、潜在意識を好きなように書き換えてしまうんですね。

引き寄せの法則において潜在意識というのは非常に大きな力を持っていますので、ここを完全に書き換えられれば一気に引き寄せが加速していきます。199さんはその原理を利用して、願望実現を加速していったんですね。

対して、一度アファメーションしてあとはその願望を忘れたように過ごすというのは、主に執着の手放しが目的となっています。

例えば、ある願望を何度も何度もアファメーションをする場合、叶わない日々が続くと段々不安になりやすいんですよね。

感情が不快になってしまうと、その願望が叶いづらくなるばかりか、次第に不安になるようなことばかりが現実化します。

この一度だけアファメーションして後は手放すという方法を取れば、その不安から逃れることができるんですね。

加えて、願望を諦めた瞬間に叶い始めるという人も居ますので、そうした方にもかなりの効果があります。

私が以前引き寄せの法則に関してアドバイスした人たちを例にすると、願望のことがどうしても頭から離れないという人には199式のアファメーションをオススメして、叶えたいことがたくさんあるという人にはすぐに手放すアファメーションをオススメしました。

前者の人くらいならいっそずっとアファメーションして潜在意識を書き換えた方が良いでしょうし、後者の人なら全部をアファメーションするよりもいいかなと思ってそうしました。二人とも、かなり道が開けてきているみたいです。

こんな風に、メソッドは適材適所なだけで絶対的な正解がある訳ではないんですよ。ただ、アプローチの方法が違うだけで。今回紹介した2人だって、このメソッド以外でも叶ったでしょうし(瞑想とか)

その人に合ったメソッドの探し方

メソッドは、その人に合ったものを選べばそれでいいんですね。

では合ったものをどうやって探すかというと、実際にやってみた時にピンときたり、心地よさを感じたりするものが良いでしょうね。

一番大切なのは、その人とのフィーリングなんですよ。なんだって自分で試してみることが重要です。

メソッドに完璧な正解はありませんが、心地よさを感じるものならあなたにとっては正解です。

自分に合ったメソッドを見つけて引き寄せを加速させよう!

願いが中々叶わない人って、自分に合ってないメソッドを使ってたり、色んなメソッドを行ったり来たりしてる人が多い印象があります。

そういった方は、やっぱり辛い思いをしていることが多いんじゃないでしょうか。

私も、叶わなかった時期は色々なメソッドを行ったり来たりで、どっちつかずなことばかりしていました。

ですが、どんな人であっても自分に合ったメソッドやピンとくる何かに出会えば、一気に引き寄せが加速していきます。これは断言しても良いですね。

そもそも、あなたが引き寄せの法則を知っていること自体、願望実現にあと一歩のところまで来ています。

あとほんのちょっとなんですよ、本当に。

あとたった一つのきっかけで人生が大きく変わる。楽しみにしててください。いつか必ず、その時が訪れますから。

それでは。あなたに幸せが訪れますように。

スポンサーリンク

シェアすると良いことあるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)